人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

愛怨峡

愛怨峡

溝口健二の映画「愛怨峡」というのがあるそうだが見たことがない。ないのだがタイトルの字面からなんとなくこういう映画だろうと推測して見た気になっている。
主演は山路ふみ子。彼女はこの映画でその名前を挙げた。今、山路ふみ子賞という映画賞があるが、その来歴のところに必ず代表作が「愛怨峡」になっている。

溝口は古い監督といわれた。東宝の藤本真澄がそう面罵したと新藤兼人が語っている。新藤は溝口のことを描いたドキュメンタリー映画「ある映画監督の生涯」を撮っている。新藤にとって溝口は師匠のような存在だった。戦時下、溝口が「元禄忠臣蔵」を撮ったとき、新藤は美術監督でそのチームに入った。あの映画の素晴らしさは美術セットもそのひとつ。江戸城のとてつもない大規模なオープンセットは新藤の功績でもあろう。といって、脚本家としての新藤を溝口はあまりかっていなかったようだ。新藤もそのあたりは分かっている。だが、個人的な親しみが二人にはあった。

溝口が田中絹代のことを思っていると新藤に告白したエピソード。あるとき、京都の宿に新藤が滞留していたときだ。散髪に行こうと四条木屋町の定宿「松華楼」を出たところで溝口と出会う。「昼飯をおごってくれないか」と新藤は声をかけられる。とって返して松華楼ですき焼きを注文して酒を1本飲みながら話をする。そのなかで、溝口は語る。「僕は田中絹代に惚れているのだが、どうにかなりませんかね」

 なんだか、いつか見たような光景だ。見た気になる。このことを想い出して語る新藤の語り口がいいのか、この逸話の設定がいいのか。こういう場面で似合うのが昼からのすき焼きと日本酒だ。京都のオバンザイのひとつで出てくるすき焼きというのは本当にうまいのだ。一度鶴澤清治さんにおごっていただいたことがある。
ところで、新藤の定宿松華楼は現在ない。私の定宿にしている秀仙閣以外に四条木屋町に宿屋は見当たらないから多分ない。ひょっとすると、秀仙閣の前身が松華楼かもと夢想もするが、そんなに都合がいいこともあるまい。

愛怨峡という映画は生涯見るまいと決めている。見ないで、いつか同名の映画を作ってみたい。

最近、文章がおかしい。一貫しない。ぽろぽろこぼれていく。あちこちに話柄が広がりとりとめもない。ひとつは関心が収斂しないのだ。もうひとつはどうしても語りたいことは書けなくて、横へ逃げようとするから文章が散漫なのだ。

新藤が生きている間に聞いておきたいことがある。「原爆の子」のこと、「第5福竜丸」のこと。だがおそらく聞く機会などないだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-08-04 09:14 | Comments(0)
<< 黒澤の夢 17年も前のこと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧