人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

Mさんへ

Mさんへ

お借りしたDVD「世界が私を待っている〜前衛芸術家草間弥生の疾走〜」、面白く拝見しました。第1部だけで1時間59分という長丁場ですが、まったく退屈するところがありませんでした。これは凄いことです。なによりも主人公草間弥生が魅力的です。
私は常々企画を立てるときに大切なことは、1にヒト、2にウゴキ、3にジダイと若い人に教えていますが、まさにこの番組の成功はヒトの魅力がよく顕われたドキュメントになったことだと思います。

来年から始まる大きなツアーのために、草間が100枚の連作を描くという仕立てになっていますから、前振りの説明的第1章が終われば、その時間経過を基本にして番組は進行します。だから、構成という面では見るべきものは少ないですが、取材/撮影の面ではめざましいものがあります。次々に草間の根源的無垢をカメラはずばりと切り取っていて、感動します。なかでも私が好きなシーンは98枚目の作品でのタメライの草間です。いったん描き上げた作品を迷った挙げ句、再び筆を入れる経緯を描いています。このとき初めて、草間はカメラを向けられることを拒否します。
(ああ、この人はテレビカメラに撮られることを意識しているのだが、普段は我慢をしていたのだ)。と、彼女の健気さに感動します。なにより心を撃つのは、そのあとの場面。再び絵筆をとってから、「うん、うん」と力みながらの筆入れとなる。1筆1筆に渾身の思いがこもっている。命を削りながらこの人は絵を描いている。そのことがよく伝わってきます。不覚にも落涙しそうになりました。

長年、あなたは草間さんを追いかけてきただけあって、あなたへの草間さんの信頼感は大きなものがあります。その伝手で海外から東北まで実に幅広く取材をしていて、しかも、それぞれ適切に挿入されていることなど過不足ありません。

強いて注文をつけるとすれば、この作品はテレビでなく映画ドキュメンタリーの世界に属するのではないでしょうか。放映時間1時間59分、冗漫と思えるシーンはひとつもなく間然とすることのない作品であったことを前提にして申し上げるのだが、私がプロデュースするなら1時間20分。長くて1時間30分に尺をおさえるでしょう。その尺に閉じ込めたほうが作品に起伏が出たと思うからです。これはテレビ屋の発想です。それが作品にとっていいかどうか分かりませんが、テレビならではの時間感覚というものを、私なら考えます。

さて、この天才を視聴者であるわれわれはどう把握すればいいでしょうか。まず作品鑑賞です。現在、彼女が描いているポップアートは一見アウトサイダーアートにも見えます。アンリ・ルソーのような汚れない絵心が筆を動かしているというふうに見えないでもない。ところが、彼女の経歴を見ると、前衛画家としてきちんとした腕達者な作品も生み出している。その進化したものとしての現在の水玉でありかぼちゃと考えるのがまっとうでしょう。では、今制作中の連作のそれぞれはどんなふうにしてアートとして凄いのかということがほとんど語られない。美術館の館員やギャラリーの人たちも素晴らしいとかいい出来だとか語るのだが、絵の門外漢でも分かるような理由がほとんどないということです。2時間も尺があるなら絵の説明、解説、解釈はもう少しあったほうがいいでしょう。

次に草間の生き方です。番組のなかでもアメリカ時代の戦闘的な芸術家の草間像がたっぷり描かれます。その後、帰国した日本ではマスコミから誹謗中傷を投げつけられ、不安神経症を患うようになったと、草間自身が語ります。そして病院を根城にして活動するようになるわけですが、他者の支えがないと生きて行けないような存在になっていきます。その弱々しい存在でありながら、かくも世界を揺り動かすようなアーチストとして活躍するようになっている。その存在論に、視聴者は次第に関心を向けていくようになるなあと、最後の30分を見ながら感じました。

これから残りの第2部「草間弥生・水玉@マドリード」を拝見します。Mさん、いい作品を有難う。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-07-31 13:16 | Comments(0)
<< 17年も前のこと 聞くこと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧