人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

コメント直し

国の楯

昨夜は23時まで、最後のコメント直しが行われた。明日26日がコメント入れになるので、25日中に原稿を井上アナに渡さなくてはならない。そこで24日の深夜まで直し作業が続いた。

8月は戦争を考える番組が並ぶ月。今制作している作品もそのひとつにあたるかもしれない。美術番組だが、いわゆる戦争画といわれる作品を取り上げている。声高ではないが、戦争とは何かということを考える番組になるのではないか。

その絵の大きさは縦1.5m×横2m。黒い闇のなかに一人の将校が、日の丸で顔を覆われ横たわっている。まるで浮遊しているかのようだ。絵の題は「國之楯」、描かれたのは、昭和19年。作者は小早川秋聲。

太平洋戦争の時代、“戦意高揚”の名のもとに戦争画が数多く制作された。高名な作家が参加した。藤田嗣治の名前はよく知られている。そこに描かれたものは、闘う兵隊であったり勝利をおさめた場面であったり、まさに国民を鼓舞するものであった。そんななかで、小早川が提示した「國之盾」は異色だった。いったい、小早川はなぜこのような絵を描いたのだろうか。

そして、この絵は軍の展覧会に出品するつもりであったが、その軍によって受け取りを拒否されることになる。いったい何があったのか。制作されてから、この絵は20年以上、展覧会にも出されることがなく、ひっそりとある神社の境内にあった。さまざま謎を秘めたまま現在に至る。

今回、特別の許可を得て、この絵に赤外線撮影をほどこして、絵の「真実」に迫ることにした。というのは、この絵が2回にわたって描き直しが行われているということが判明したからだ。5日間にわたる調査の結果が出た。そこには意外な事実があった。
さらに、この作品の下絵が、保管されていることが分かった。

67年の時空を越えて、「國之楯」の謎が徐々に解かれてくる。「幻の戦争画」と呼ばれ数奇な運命をたどった一枚の絵の隠されたメッセージが明かされる。
放送は8月1日 午後8時から。「闇に横たわる兵士は語る 小早川秋聲『國之楯』」
ごらんいただきたい。その最後の仕上げに入っている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-07-25 10:31 | Comments(0)
<< 去りゆく人にしあわせを 掘り抜き >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧