人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

暑いと言うまい

草葉の陰

いつになく多忙な夜が続いている。13日打ち上げ、14日出版関係者との飲み会、15日番組制作チームとの飲み会。日中は8月1日放送の「極上美の響宴」の最後の編集局面に入っていて、幾度となく試写を繰り返して多忙な日々だから、けっして楽なスケジュールとはいえない。普段なら月のうちせいぜい2日ほど飲み会がある程度の私に、この連続は異例だ。

昨日の日中は第2回目の局試写だった。二人のプロデューサーに見せたが、おおむね了解を得た。むろん、まだ仕上げるまでにいくつも課題はあるのだが、番組のメッセージや方向性において合意を得たのだ。試写後、2時間ほどかけて構成の直しを行ったあと、スタッフで夜の赤坂へ出て軽く酒を飲んだ。

さて、その番組は戦争画を取り上げている。昭和19年に描かれたその絵は、不思議な迫力をもつ。その絵が誕生した経緯から戦後の数奇な運命までをみつめたアートドキュメントだ。番組の旅人はアニメーション映画監督の高畑勳さん。高畑さんは絵に詳しく、世界中の美術館をめぐって、2冊の本を著すほどだ。その高畑さんの心に残ったのが小早川秋聲「国の楯」。この絵をめぐって、高畑さんは鳥取、京都を旅して行く。

高畑監督といえば、「火垂るの墓」があまりにも有名だ。戦争末期、幼い兄妹が二人だけで生きて行く物語。最後に妹は亡くなり、蛍となってその魂が飛び散っていく美しい物語を、監督は描いている。その蛍の精はこの世を離れても草葉の陰にあってじっと生者を見守っている存在として描いたと、監督は語っている。旅の途中で聞いたその言葉が忘れられない。

最近、瞑想を復活させている。17年前に広島の瞑想教室で手ほどきを受けて3年ほど毎日続けたが、ここ数年は2%にもならないほど実習率が低下していた。ところが、先日、広島で久しぶりに教室を訪ねて、合同瞑想に参加してから、毎日行うようにしている。朝夕2回がルールだが、夕方は難しいものの朝は今のところ毎日行っている。

20分、目をつぶっているといろいろな雑念が湧いて来るが、そのなかに、亡くなった人や縁遠くなって会わなくなった人のこともふっと浮かんで来ることがある。そういう存在をここ数年うちおいてきたが、草葉の陰にいると思うと、すっと肩の力が抜けた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-07-16 07:54 | Comments(0)
<< 連休初日 打ち上げ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧