人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

3賢者

若い賢者に耳を傾けて

2年前に引退した先輩が、年に1本だけ番組を作るためにオフィスに現れる。よく勉強している人物だが、最新の印象に残った本として、『大津波と原発』(朝日新聞出版)を上げた。1950年生まれの若い賢者3人による鼎談だが、読みやすくためになる本だった。昨夜ブックファーストで買って、3時間で読めた。いまもっとも関心のある原発についての捉え方だけでなく、その語り口の明快さにも乗せられて、速読できた。

3人の賢者とは、内田樹、中沢新一、そして平川克美だ。平川は内田の幼馴染で、二人でいくつか新書を書いている。この対談の仕掛け人は平川で、彼が内田と中沢に呼びかけた。
原発について、内田は前から懐疑的であった。その根拠は原発のようなハイテクを維持管理できるほど人間は賢くないという悲観があったからだという。いかにも内田らしい言い回しだ。

気になったのは、久しぶりに情況に関わってきた中沢新一の論だ。彼によれば、原子力エネルギーというものは化石燃料や薪などのこれまでのエネルギーと違って、われわれの生態圏のなかにあるものでないという。石油、石炭などは元は動植物でそれが太陽エネルギーを受けて化石になったものであったりして、われわれの生態圏内に位置づけられるが、原子力はそうはいかない。原子核から放出される巨大なエネルギーというものは、生態圏を一度も通ることなく生み出される。人間にとって外在するエネルギーだと中沢は警告する。しかも人類20万年の歴史のなかで、このエネルギーが利用されるようになったのはたった70年でしかない。火を扱う技術ですら何万年と時間をかけて、人類は手に入れてきたのに比べれば、あまりに短い時間。

この中沢の原子力の把握の仕方に刺激を受けた。今、何をなすべきかがはっきり見えてくる。誰ひとり責任をとれないような技術しかもたない人類が、超エネルギーを弄ぶとは、まさに「火遊び」でしかない。
そして、中沢は大胆な提言をしている。「緑の党」のようなものをつくろうというのだ。ドイツの緑の党のようなものでなく、日本の自然思想に立脚したものを作って運動していこうというのだ。何か、背中がむずむずしてきた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2011-07-13 07:30 | Comments(0)
<< 打ち上げ コロッケの真理 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧