人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

まもなく放送

放送日がまもなく


来る7月3日(日)、夜10時からの放送。
「核をめぐる対話 大江健三郎 大石又七」がまもなく完成する。作家大江健三郎さんと第五福竜丸の元乗組み員大石又七さんの対話をベースとしたドキュメントだ。
昨日はナレーション録音だった。語りは名手広瀬修子。現在はフリーだが、往年は教育テレビのドキュメンタリーで女性の語りといえばこの人の名前がまず挙がった。久しぶりに私も顔を合わせることとなった。

 番組の内容は次のような章立てだ。
1、同時代に生まれて
2、ビキニで何があったのか
3、久保山さんの死
4、原発導入のシナリオ
5、大江さんの広島
6、沈黙を破るまで
7、ロンゲラップにて
8、福島原発事故をめぐって

日本の戦後の核をめぐる状況や言説が二人の対話を通して明らかになっている。ビキニ事件のときも原発導入のときも、いつも「安全だ」という言葉が繰り返されてきた。核政策というのは、冷戦という構図のなかで組み立てられてきた。ということを戦後60年のスパンで見ると、浮き彫りになってくる。
 大石さんがビキニのブラボー爆発のときに被曝したが、同じ爆弾で現地のロンゲラップ島の人々80人余が死の灰のなかで2日間置き去りされていた。その後、次々に島民の健康を蝕む病が出てくる。

その島へ大石さんは2004年に訪問している。ちょうどビキニ事件から50年目だった。そのときの映像が残されていて、今回の番組のなかで紹介されるのだが、実験を行った米軍は治療をすることなく、彼らの健康追跡調査だけをやっているというような惨い事実が分かってくる。

対話の終盤に、フクシマについての言及がある。「責任」という言葉と「曖昧」という言葉が重大な意味をもってくる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-06-30 12:16 | Comments(0)
<< なぜ本を売れないのか 西行の山越え >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧