人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夾竹桃

夾竹桃

線路脇の夾竹桃が花盛りとなっている。広島ではこの花は転勤花と呼ばれていた。ちょうど花が咲く頃に、人事異動が行われる。町はトウカサンで賑わい、浴衣姿が目につく季節でもあった。単身赴任の者にとっては赦免花だった。一方、瀬戸内の夕凪ともお別れかという寂しさもあって、太田川の土手を名残りをこめて歩いたものだ。土手にはたくさんの夾竹桃の木が並んでいて、8月6日の記憶を宿していた。夾竹桃の花には毒があって、口にするとおなかを壊すと教えられたことがあったが本当だったのだろうか。

美空ひばりの歌に「夾竹桃の咲く頃」というのがあった。作詞は中村メイ子だったのでその才能に感心したことがあるが、作曲は夫君の神津善行だった。去っていった男を思う歌で、洒落たバラードだったはず。
時期が来ると至るところに花をつけて見せるのだがいまひとつ存在感の薄い木だ。めったに詩心など生まれないから、この歌謡曲が気になった。
ーーこの花が咲くと、もう夏なのだと実感する。

昨夜は雨がなかったので、麓の渓流まで降りて蛍を探しに行った。一匹も見当たらなかったのは時期が過ぎたのだろう。帰り道、雲間から夏の星が光っているのを見つけて嬉しかった。気のせいかお山の家々の明かりが以前より薄暗くなったように思われる。節電のせいかもしれないが、風情があって悪くない。山が大きなシルエットになって不気味さを増していよいよ風流だ。夜はぬばたまがいい。

帰ってテレビをつけると、菅が記者会見をやっていた。空しい言葉が羅列となって彷徨う。こんな総理大臣しか持てない国を60年かけてわれわれは作ってきたのか。占領終結、オリンピック、万博、70年安保、沖縄返還、公害、バブル、阪神淡路大震災、そして「原発事故」。戦後60余年の後半は暗く惨めなことばかり続いていた。ひばりが死んだのは日本が峠の下りに入ったときだった。今考えると、52歳とは早すぎる死ではあるが、ある意味でいいときに退場できたのではないか。

 山本五十六が死んだときもこんな気分ではなかったか。勝つ見込みもない戦争に突入しながら、いち早く散華した山本を羨ましく思ったのは軍人ばかりではなかったはず。小林勇の目を通して見る三木清などはそう思えてならない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-06-28 11:47 | Comments(0)
<< 西行の山越え 鞍馬道 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧