人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

青葉若葉のキャンパス

真夏日の京都

梅雨の晴れ間の京都。プラタナスの並木が青々として美しい。鴨川の水量も多い。晴れてすっかり夏の装いとなった京都。百万遍の交差点まで来ると、吉田キャンパスが萌える緑のなかにあった。

6月は制作実習の「編集」段階。3つのグループのロケはだいたい終えていて、そろそろ編集作業に入っている。第1グループは名物教授の比叡山ピクニック。第2グループは学食のハラール料理の実態。第3グループは乗馬クラブの奮闘。それぞれ編集室があって、そこにこもって作り上げている。私はその3か所をぐるぐる回って、学生たちの相談にのったり、編集作業のポイントを教えたりする。これが結構な運動量で、夕方にはほっこりし、ついうとうととした。

それぞれのネタは大学独特のもので面白い。第1の話は、鎌田東二教授の不思議な行動を描いている。宗教学の権威でもある教授は、ときどきパワースポットの比叡山に登って修行をする。その登山を軸に話が組み立てられている。山伏と同じように、ほら貝を吹き、呪文を唱え、最後に比叡山の頂上でバク転を二回行うのだ。驚いたのは深山でほら貝を吹いていると野生の鹿が寄ってくる。京都の町からほど遠くない地で鹿の親子が出没する光景にはたまげた。同時に、真剣に山伏スタイルの修行をする鎌田教授の情熱にもうたれた。

第2は学生食堂、学食のイスラム料理の話題だ。留学生が増えて、イスラム食しか食べれない人が増えている。そこで大学当局はイスラムセンターの力を借りて、豚肉を使用しないハラールメニューを実施するコーナーを設置した。そのいきさつをインタビュー中心で構成している。

第3は体育会の乗馬クラブのリポート。三〇頭の馬を養い、三〇人以上のメンバーを有する京大乗馬クラブの「情熱」を描いている。馬の飼料代や維持費など、年間1千万円の経費のほとんどをクラブ員のバイトでまかなっている。その情熱の根源は何かを探る。しかしキャンパスのなかを馬が悠々と散歩する姿は、それだけで画になる。うまいところに目をつけたものだ。

5時過ぎ、各チームの試写をすべて終えた後、二人の3回生のシューカツの相談を受ける。二人とも真面目な好青年で、将来映像関係できれば放送業界に行きたいと考えている。現在のメディアをとりまく環境についての私の見解を述べたうえで、それぞれどんなことをやりたいのか話を聞いた。

編集室は文学部の本棟とは別の研究棟にあって、出入りする人も少なく静かだ。そこで1時間ゆっくり話した。穏やかな夕暮れに、若い学生と話し合っていると、こちらまで気持ちがゆったりとしてくる。日が長くいつまでも暮れない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
  
青葉若葉のキャンパス_c0048132_22452093.jpg

by yamato-y | 2011-06-24 06:42 | Comments(0)
<< この町が好きさ 銭湯の出来事 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧