人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

もんぺ

もんぺ

野沢節子といえば病がちではあるが、雪を愛で着物を愛した豪奢な俳人というイメージがある。

帯かたき和服一生粉雪ふる

そんな俳人が雪の山形へ黒川能を見に行ったときのことを、同行した馬場あき子が書いていた。
《なにしろ積雪2メートルが常識の、大雪のなかの迎春の祭だ。寒くないよう、動きやすいよう、いろいろ注文しながら、実は野澤さんがどんな服装で現われるかが楽しみだった。》
 そして現れた野澤は、着物にもんぺ、雪草履という古典的身支度だった。彼女の実利的でいさぎよい覚悟に馬場は感心している。

 と、ここまで読んで、10年前の出来事がさーっと甦った。
今思えば赤面するが、当時、50代に入ったばかりの生意気ざかりだった私は、番組作りに一家言も二家言ももっていた。
「世界わが心の旅」という紀行ドキュメンタリーを担当していて、外部の制作会社の企画をあれこれ注文する立場にあった。
あるプロダクションから、作家の宮尾登美子氏の旧満州紀行をやりたいという提案があった。彼女は戦前その地で教師をやっていて、敗戦と同時に命からがら逃避行した体験をもつ。その現場に行きたいという企画だった。

 それまで宮尾の作品を読んだことがなかった私は、いつも高そうな着物を着ている女性作家としか認識していない。だからこう指示を出した。「そんな過酷な体験をした場所に行くのだから、当然礼装で出かけるわけにはいきません。それなりの身支度をしていただくことが前提です」思えば、傲慢な言い方をしたものだ。だが当時番組に「命」をかけていたから、あとさき構わず注文を出したのだ。

 そして、ロケが行われ、撮影したラッシュを見ることになった。
試写室で見た宮尾氏の姿にいささかうたれた。たしかにお洒落な氏は綸子かなにかの高そうな着物を着ていた。ただし下半身はもんぺをまとい、足元はズックであった。彼女の中国行きは本気だったのだ。

 実際、彼女が敗戦時に体験したことは筆舌に表しがたいものであったことが、その映像のあちこちに記録されていた。

十七歳で結婚した宮尾登美子。開拓団の教師の妻として生後五十日の娘を抱えて旧満州に渡る。新京近くの飲馬河村(いんばほうむら)で子供たちを教えていたが、敗戦後の満州で、中国人による襲撃の中をくぐり抜けることになる。かまどの中に潜んで難を逃れることもあった。何度も死と直面していた。

 数々の名作を残した「世界わが心の旅」も終了して、5年ほどになる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
  
by yamato-y | 2011-06-23 07:24 | Comments(0)
<< 銭湯の出来事 夏至、いちばん昼が長い日 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧