人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

文蔵にて

文蔵にて

局の資料室にこもって調べものをした。開架式だからあらゆる本の背表紙を眺めることができる。ついつい、本件と関係のない本のページを繰ることもしばしばだ。

外交官にして作家のポール・クローデル。彼が日本で外交官として活動している最中に、関東大震災と遭遇する。この事件は彼にさまざまなことを考えさせたに相違ない。関西にまで出かけて、懇意の日本画家を訪ね、あれこれ人生について問答したことが書かれた、彼の外交官日記。ちなみに、妹のカミーユは映画「美しい諍い女」の主人公にして、ロダンの愛人。そうか、ロダンが生きていた時代は明治末期から大正時代だったのか。白樺派にとって、ロダンは同時代人だったか。

マルグリット・ユルスナールの墓についてのエッセー。彼女の秘書と同じ墓地に眠る。その秘書は愛する人でもあった(らしい)。生涯独身であった彼女の伴侶だったといえるかもしれない。その秘書が先に死んだとき、彼女の嘆きは大きかった。が、聡明で沈着なこの人はけっして感情を露にしない。ただ、散歩の折にはその秘書の墓石をいつも静かに撫でていた。と伝記作者は伝えている。と、ここまで書いて、須賀敦子の「ユルスナールの靴」のなかに、この二人のことに触れていることを思い出した。

 ガートルード・スタイン。パリに根拠地を得て、画家たちと交流した女性詩人。というよりコレクター。マチスやピカソの才能をいち早く見抜いた。この新進の画家たちをアメリカに紹介したのもガートルードの功績だ。この人も生涯独身であった。
最期が近づいたとき、最新の車を購入して、ピカソに会いに行った。そして、二人は公園のベンチに腰掛けて静かに対話した。ピカソは、「あなたも、長い人生で、人には言えない苦しいこともあっただろうね」とねぎらった。ガートルードは何も言わず、ピカソの顔を穏やかに見ながらにこにこしていた。それから間もなく死去。

 最後に車を買ったということで、去年死んだ佐野洋子を思う。彼女も、癌と告知された帰りがけに、外車専門店に行って、ジャガーを買った。私の知っている佐野は、絵本作家というより布施明の好きなジャガーおばさんだ。

馬鈴薯のうす紫の花に降る 雨を思へり 都の雨に
昔、教科書で覚えた短歌。木下利玄か伊藤左千夫あたりと思っていたら、啄木の歌だった。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
  
by yamato-y | 2011-06-21 16:40 | Comments(0)
<< 境涯 新しいパソコン >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧