人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

七夕・肩こり・オノヨーコ

北国の祈りの木




七夕・肩こり・オノヨーコ_c0048132_10524078.jpg


オノヨーコさんとノルウェーに行ったことがある。
ベルゲンという古い港町だ。そこで、1999年夏にオノさんの大回顧展が開かれた。
その記念式典に参加するオノさんに同行して、私は「世界わが心の旅、北国の祈りの木」
というドキュメンタリーを作った。
オノさんは元来前衛アーティストとして、戦後早くから注目されていた人だ。
そのアート作品を一同に集めて展覧会が開かれる。今までになく規模の大きいものだという触れ込みだ。
ベルゲン市の美術館館長がオノさんの古くからの友人で、オノさんの仕事を早くから
評価していたこともあって、オノさんはこの展覧会に応じたのだ。

このノルウェー行きの話は私の元に、突然飛び込んできた。
ひょっとすると、オノヨーコの素顔が撮れるかもしれないという情報だ。
すぐ私はニューヨーク、ダコダハウスにオノさんを訪ね出演交渉し、了解を得ることに成功した。
この交渉についてはいずれ稿を改めて書こう。とにかく伝説のダコタハウスに私は足を踏み入れたのだ。

北国のベルゲンは、夏とはいえ雨がふれば肌寒い気候となる。空は限りなく高く
海はどこまでも青かった。そこの美術館には異例の数の客が詰め掛けた。
 ヨーコの一環した主題は「愛と平和(LOVE and PEACE)」だ。
作品のひとつに「虫かごの部屋」があった。白い何もない部屋に上から無数の虫かごが
ぶら下がっているだけ。かごの中はからっぽだ。かごの底を見ると、「1914・セルビア」
「1945.広島」とある。歴史的事件の地で悲劇が起きる直前まで鳴いていた虫を入れたかごなのだ。その悲劇のため虫も殺され、かごの主は不在となっていることを、その
沢山のかごは示している、彼女は私にそう説明した。口調はやさしいが目は鋭い。
七夕・肩こり・オノヨーコ_c0048132_20272561.jpg

かごの一つに「1980・12・8 ジョン」というのがあった。ジョン・レノンの
虫かごだ。彼女は旅の途中折に触れて、ジョンのこと、その思い出を語っていた。
まさにベターハーフなのだ。
七夕・肩こり・オノヨーコ_c0048132_19122641.jpg

この虫かごでも分かるように、日本的なことがヨーコの心を深く捉えている。
バレストランドという小さな町では、会場の前に一本の木を立たせ、そこに客の
願いや祈りを書いたカードをくくりつけさせた。彼女の得意なパフォーマンスだ。
これは、まさに七夕の手法ではないか。ヨーコは日本で過ごした少女時代を
とても大切にしていることを、私は感じた。
 
その祈りの木の前で、最後のインタビューをした。
「一人の英雄が祈るのではありません。今の時代は一人一人が英雄になって
みんなで祈るのだ。そうすれば、世界は変わるのです。」
  *                  *
 ヨーコは肩こりがひどい。あまりしんどそうなので、揉んであげましょうかと
私が声をかけると、ぜひと肩を差し出した。
終わった後、やはり日本人の肩揉みは違うわねえと、うれしそうに礼を言って、
首をコキコキ回した。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-04-30 19:12 | シリーズ世界わが心の旅 | Comments(0)
<< 麦の秋 夏のストーブ、冬の扇風機 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧