定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

傘雨

青葉冷え

 お世話になった方面に挨拶を一通り終えて受賞騒ぎも一段落した。昨夜はテング酒場でいつもの升酒とイカ刺しで一杯ひっかけて帰った。久しぶりに映画でも見ようと思って、メル・ギブソンの「リーサルウェポン」を見始めたが眠くてたまらない。10時過ぎには寝た。

 6時過ぎに目が覚めた。ある人から送ってもらった木村東介の『女坂界隈』『不忍界隈』を読み始めた。上野で民族美術商を営んだという木村の言動は度外れで痛快そのもの。民族というのは右側のという意味らしい。

 ジョン・レノンに白隠の達磨の図を売ったという話が面白い。暮れの押し迫ったときに、ジョンはヨーコといっしょに木村の店を訪れた。店でなく自宅に架かっていた白隠が気にいってその場で買った。言い値の200万。それだけでない。曽我簫白に仙涯もだ。最後に積んである箱にジョンは目をつけた。「コレは何だ」と聞くから、芭蕉の短冊だと応えた。広げて軸を掛けると、ジョンの目が変わった。200万という値段にいとめをつけず即購入。帰りのタクシーのなかでもジョンはその短冊を大事に抱えて去ったという。ちなみに、短冊の句は「古池や」だ。
 ジョンが店に来たときから木村は売る気がなかった。心ある日本人のコレクターに秘蔵してもらいたいと集めた品ばかりだから、外人(木村の表現)には売りたくないと民族派らしい魂胆があった。だが、ジョンのひたむきな心にうたれて、次々に秘蔵の品を売ったのだ。
世の中には不思議な人たちが、まだまだいるものだ。

 この木村は久保田万太郎びいきらしい。彼の句をいくつも紹介しているが、なかで初めて目にするのがあった。
ひとづてにうわさきくだけ花曇り
きくだけ、という措辞にまいった。さすが傘雨。

木村東介という画商の美意識は独特の鋭さ。日本の5大芸術として、1に円空、2に二天、3に写楽、4に詠士、5に利行。5はなんとなく見当がついたが、2と4はまったく知らない。なおも本文を読み進めると、二天とは宮本武蔵のことのようだ。たしかに武蔵は絵を描いたが、それほど高い評価とは思いがけなかった。詠士とは宮島大八のこと。その書を木村は高く評価している。どんな書だろうか。ちょっと見たくなった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-15 08:23 | Comments(0)
<< 核をめぐる対話 レッドカーペット >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧