人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

レッドカーペット

衛星放送協会オリジナル番組アワード
レッドカーペット_c0048132_13251835.jpg


新見を朝9時半に出て東京へ向かった。雨上がりの伯備線は美しい。高梁川の流れに沿って中国山地を降っていく。日曜日から鮎が解禁となり、川の処々で釣り人が竿を垂れている。雨季だから水量も多く、波頭が白く光っている。

東京へ到着したのが2時半。会社へ直行し、上着を着てエントリーシートも携行して会場の平河町の都市センターホテルへ向かった。
4時半までに受賞者は集まれということであったが、予想どおり受賞の際の段取りリハーサルだった。

衛星放送協会の20回目の年次総会が昼間開かれて6時からパーティとなる。コスモホールの広い会場には400人ほどのメンバーやゲストたちが懇談する。コンパニオンが酒を勧めてくるが断る。数人の顔見知りがいたので挨拶したが、気持ちは上の空。というのは、7時から始まる表彰式でトップがドキュメンタリーの授賞なので、私はすぐスピーチをしなくてはならない。もっと質素な式だと思っていたので、会場の晴れがましさにいささか緊張したのだ。

テレビの時代も半世紀となる。そのなかで、今年久しぶりにテレビの新しい賞が生まれた。衛星放送協会オリジナル番組アワード。衛星放送で生まれた番組のなかから顕彰する賞だ。第1回だからすべて新らし尽くし。7つほどのジャンルがあって、トップがドキュメンタリーでラストがドラマという順番で表彰される。30のノミネートされたドキュメンタリー作品のなかから、わが「若き宗家と至高の三味線」が最優秀賞に選ばれた。

名前を呼ばれ、壇上に向かう。赤い絨毯の上を、いっしょに仕事をしたディレクターと局のプロデューサーの3人で登壇。審査員の石井彰氏から講評。石井さんはこの番組の優れている点を熱く語ってくれた。地上波の番組を入れてもこの番組の評価は下がらないだろうと高く評価してくれた。有難い。
そして、賞状とクリスタルガラスのトロフィが石井さんによって授与された。受け取った私の手にトロフィがずしりと重い。
そして、受賞の弁。1分ほどの持ち時間に、お礼と番組の概要と盛り込んだ慌しい話だったにちがいない。あまり覚えていない。正面からのスポットライトが眩しかった。

任務を終えて気がゆるみ、水割りを続けて3杯飲む。審査員の鴨下信一さんに挨拶に行く。鴨下さんは往年のテレビドラマの神様だ。だが古典芸能にも詳しく、本番組の音の良さを高く評価していただいたと聞いた。頭を下げると、「良かったね」と温顔に笑み。隣にいた審査員長の吉岡忍さんもレベルが高かったですよと褒めてくれた。スタッフ全員感激。

8時からの記者発表も無事終え、私たち3人は赤坂の町へ繰り出した。といっても、居酒屋での打ち上げ。焼酎を片手に番組談義は10時まで続いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
レッドカーペット_c0048132_1323496.jpg

by yamato-y | 2011-06-14 12:29 | Comments(1)
Commented at 2011-06-14 17:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 傘雨 雨の旅立ち >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧