人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夏のストーブ、冬の扇風機

夏のストーブ、冬の扇風機_c0048132_12255796.jpg

 残りの日々
 このゴールデンウィ-クが過ぎれば、すぐ夏が来る。思わぬ梅雨寒(つゆざむ)が
ないことはないけれど、いつまでもストーブを出したままというわけにはいかない。
それでは、夏炉になってしまう。
 夏炉冬扇――時節に合わない無用の長物のこと。
今日あたり、納屋にストーブを仕舞い、扇風機を出すことにするか。

定年になって少しひがみっぽくなった。被害妄想なのか、扉が次々に閉まっていく。
そんな気がしてならない。自分が夏炉冬扇に思えてならないのだ。
体力も知力も半年前と変わらないと思うのだが、定年の「踏み切り」を越えると
まわりの風景が違って見える。

 ――中年の危機か。こういうマイナスのエネルギーを解消するものとして、
江戸時代は半強制的な「隠居」という制度があったのだろうか。
夏のストーブ、冬の扇風機_c0048132_12262870.jpg


藤沢周平の『清左衛門残日録』は、三屋清左衛門が52,3歳で隠居するところ
から始まっている。
《夜更けて離れに独りでいると、清左衛門は突然に腸をつかまれるようなさびしさに
襲われることが、二度、三度とあった。そういうときは自分が、暗い野中にただ一本で
立っている木であるかのように思いなされたのである。(中略)
 清左衛門自身は世間と、これまでにくらべてひかえめながらまだまだ対等につきあう
つもりでいたのに、世間の方が突然に清左衛門を隔ててしまったようだった。多忙で
気骨の折れる勤めの日々。ついこの間まで身をおいていたその場所が、いまはまるで
別世界のように遠く思われた。》
 この文章を書き写しながら私は身につまされた。そうだ、そのとおりだ、藤沢もまた
寂しさをかこっていたのだなと。
 あのうるさい中野孝次でさえ「藤沢周平もついに老年を描きだす年齢になったかと、
一種の感慨を抱いた」と書いているほどだ。

 だが、この清左衛門は小説の上ではけっして暇にはならなかった。
当主の息子をさしおいて活躍したり、藩の大切なお役目に関わったりして、
隠居としてなかなか往生しない。そればかりか「涌井」の女将みさとの仲や
嫁の里江との戯れなど、羨ましいことが次々とある。

 そういえば、この小説の冒頭に掲げられた成句。「昏ルル未ダ遠シ」。
「日昏レテ道遠シ」ではない。人生の終わりが近づいても達成できないという悲観ではなく、日が暮れるまでまだ道は残っている、時はまだある、という意味であろう。

久しぶりに、この休みは藤沢周平をかためて読もうか。 

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング


夏のストーブ、冬の扇風機_c0048132_12264996.jpg

by yamato-y | 2005-04-30 12:27 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented by yyl at 2009-10-12 08:37 x
中野孝次氏はうるさい方ですか?うるさいとは?愚痴・繰言が嫌いと言う
意味ですか?
静左衛門残日録は旅行先で読み始め面白くてやめられず、終日、外出・食事抜きで読み終えました。 ミセス63歳
<< 七夕・肩こり・オノヨーコ 夜中に思い出し笑い >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧