人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

長者丸

長者丸

めったにテレビに出ない作家のMさんを取材したことがある。10年ぶりの新作を書いたということで、取材に応じてくれたようだ。
連絡をとったとき、自宅は目黒の三田という地名を告げられた。港区の間違いだろうと思って、訪ねて行ったら、本当に目黒に三田があった。目黒川の河岸段丘のてっぺんにあった。高級住宅街だ。山手線で恵比寿と目黒のなかほどに日の丸自動車学校がある。そのあたりが三田の町内となるのだが、戦前は長者丸と呼ばれた区域だ。

ぶらぶらと長者丸の一帯を散歩した。マンションの多い住宅街だが、戦前は10軒ほどの邸宅が並んでいたに過ぎなかった。なかでも、中心にある吉田家の敷地は広大なものであった。本宅以外に東屋や別宅があるばかりか、画家たちの長屋が並び、中央に能楽堂まであったという。当主吉田彌一郎は呉服屋として成功を収めた人物で、芸術にも理解を示し、数人の画家たちを屋敷内に住まわせていた。その面倒をみたのが次男の幸三郎。演劇を研究するため早稲田大学に入ったが、中退し画家たちを指導することになった。そこにいた数人の画家とは今村紫紅、速水御舟、小林古径など錚々たるメンバーで目黒派と呼ばれる。

速水御舟とは重要文化財「炎舞」で知られる近代日本画の巨匠である。今、この人物に関心がある。
昨日の昼過ぎ、御舟の孫吉田春彦さんから来ないかと誘いがあり、日曜だが茅ヶ崎へ飛んで行った。御舟は晩年ここの南湖でよく遊んだといわれる。子孫はそこにいたのだ。春彦さんは現在ギャラリーなどを経営しながら、美術研究家として知られる。うかがうと、ちょうど漆器の個展が開かれていて、作家を紹介していただいたりした。

 夕方、時間が空いたところで、御舟のことをあれこれ聞いた。春彦さんの母上が、御舟の次女和子さんである。吉田家では昭和10年に亡くなった御舟のエピソードが今でも語られている。巷間に知られていない面白い話をいくつも聞いた。
和子さんの母、御舟の妻は吉田彌一郎の娘。吉田幸三郎の妹になる。御舟と幸三郎は義理の兄弟であった。この二人は、大正12年9月1日に上野で関東大震災に遭遇する。そして、二人で自宅のある目黒を目指して歩いた。その事実に、私は今注目している。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-06-06 10:05 | Comments(0)
<< けつバット 暗闘 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧