人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

アマデウス

アマデウス

 番組を作るということは本当に難しいものだ。
昨夜、カラヴァッジョの番組がオンエアーされた。内容については結構いい線まで盛り上げたつもりだったが、思わぬ点で批判を受けた。
使用した音楽の趣味が悪いということだ。

天才と悪魔の2つの顔をもつカラヴァッジョのことを、イタリアの評論家はアマデウスのような存在と評していたこと。別の人はロックミュージシャンのような傾(かぶ)き者、バロックのヒッチコックと呼んでいた。その言葉に刺激を受けて、ディレクターは音響にアマデウス・モーツァルトの楽曲を多用した。これが音楽ファンからするといただけないと思われたらしい。

 番組の構成については、プロデューサーとして作品に仕上がるまであれこれ批評、忠言を与える。が、いったん番組の流れが決まると、そこからのポスト−プロダクション(仕上げ)については、ほぼディレクターの専権事項となる。つまり、音楽やテロップの字体などはそのディレクターの「感性・趣味」となる。そこについては、ディレクターの著作人格権のようなものがあって、周囲は手を出さないというような不文律がある。

 だから音響効果のことを批判されても、私としてはなんとも言いようがない。一応、担当者に伝えるとしか言えない。そこまでプロデューサーとして関わるべきと言われても、そういうハビット(習慣)が現場にはないのだ。

 私もディレクターの時代には、自分の嗜好で楽曲を選んでいた。正確にいえば、私自身はあまり音響に関心がないことと専門家を信頼していたので、自分の音楽を指示することなどあまりなかった。番組内で使われる音楽やサウンドイフェクト(SE)は、シーンの切り替えとか情緒付けとかの機能に関心があって、どんな曲を使うかは興味がなかった。私には信頼するサンペイちゃんという音響効果マンがいたので、ほとんど彼に任せていた。
 
 そういえば、私は番組で使用される楽曲についてこれまで大きな注意をはらって来なかった。こだわったのは、大江光さんの音楽を使用したときぐらいだ。1990年に制作した「世界はヒロシマを覚えているか」のなかで、当時無名だった光さんに「広島のレクイエム」という曲を作ってもらった。そのときに光さんの他の曲も2、3使用したが、その音楽の選択だけはこだわった。それ以外はほとんどサンペイちゃんの監督に従った。

 サンペイちゃんは本名だ。私より10歳ほど年少だが、25年ほど前からずっと付き合っている。番組の編集が終わると、彼に粗編集版を見せて、番組にこめた思いを伝える。それを聞いて、彼が音楽や効果音を付加してくれるのだ。長く付き合っているから、私の趣味・嗜好について知っていて、出来上がりはほとんど満足する。彼は既存の楽曲を使用するだけでなく、自分で作曲もする。
そのサンペイちゃんは10年前から難病にかかり、仕事もかなり制限するようになった。売れっ子だから他から声もかかるようになり、いきおい私のプロデュースする番組への関わりは減っている。ただし、私がディレクトするときは何が何でも関わってくれるのだが。
私は彼の結婚式にも出たことがある。今から20年も前だ。あの頃は彼も元気でまるまる太っていたが、今はインドの行者のような風貌だ。かく言う私も
体重は3年前から4キロ減少した。みんな少しずつ年をとっていく。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-05-31 07:43 | Comments(1)
Commented at 2011-06-01 12:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 時にはポジティブに レゾンデートル(存在理由) >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧