人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

苔時雨

苔時雨

例年より早く5月に梅雨入りした京都では、明日あたりに台風も来るという。町はぐっしょりと濡れそぼっている。
うろ覚えだがにわか雨を指す時雨(しぐれ)は冬の季語ではなかったか。寒い頃の京都には小雨がよく降るという記憶があるから、冬だったと思うが。だが、雨季に入ればしばしば時雨と遭うことも。だから他の言葉をつけて冬以外の季語に変わることもあったはず。苔時雨もそのひとつではないだろうか。苔清水が梅雨の頃に苔のなかに水が湧いたようになるさまだったから、苔時雨も梅雨どきに苔が青々となる時雨を指すと思うのだが。旅先の宿でこれを書いているから手元に資料もなく詳しいことはいえないが、私の記憶ではそうなっている。

百万遍の知恩寺そばの古書の吉岡書店で『苔時雨』という句文集をみつけ、2000円とちと値がはったが購入した。作者は水内鬼灯。昭和31年に出版された古いものだ。巻頭の扉に大仙院書院の庭の写真が飾られており、目次には京都市内の20ほどの庭園の名前が挙がっている。どうやら庭めぐりの俳句と文章の構成だと覚った。序文に水原秋桜子が書いている。これは本物らしいと思って詳しく中身を確かめずに買った。

ホテルのベッドで読みふけっている。鬼灯の句も庭に対する情熱も素晴らしい。飽くことがない。秋桜子に言わせれば、庭好きの秋桜子でもせいぜい1時間眺めるぐらいだが、鬼灯といると3時間はざらで半日を覚悟しなくてはならないことがしばしばあったとある。こよなく京都の庭園を愛した鬼灯。彼は昭和24年に43歳の若さでなくなっている。「苔時雨」はその9回忌に刊行されたと、未亡人が記している。
年譜を読むと、明治40年に京都に生まれ、同志社大学経済学部に入学し、3年生の頃より句作をはじめ、31歳で馬酔木賞を受賞して活躍とある。信じられない若さでの句力の持ち主であることは、2,3の句を読めば分かる。
石縁を結びても露の身空かな
石とゐて梅雨尽日を遊びけり

とにかく鬼灯は石と話すことが好きであったらしい。石語とでも呼びたい。
春蘭や手ふれば石にあるいのち
あとがきで鬼灯は書いている。「人間の思惑を他所にして、天地の声を聞き侘びてゐるのが石であるから」
津波をもたらした荒々しい自然とは違う、愛でるがしかし厳しい自然がここにある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-05-28 09:10 | Comments(0)
<< コンマキ はも(鱧) >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧