人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

梅雨入りの京都

梅雨入りの京都

ひと月ぶりに京都へ来た。雨もよいでやや寒い。百万遍まで来るとぽつぽつ落ちてきた。
京都をはじめ西日本は今日から梅雨入りしたと、テレビが伝えている。
生協のルネに入って、書店をひやかす。大学の書店は一般書店では見られないような本がいくつもある。興奮する。
12時を回ったところで、主任教授のS先生の部屋をのぞくと、昔の同僚がいた。彼女は40歳ぐらいまでディレクターをやっていたが、その後大学に戻り留学をして、今では関西の私大の助教授だ。すごいのは、二人の子供を育てながらのキャリアの形成であるということ。いっしょに机を並べたなかだから、話は弾んだ。

 13時になり講義室に向かう。ミニ番組を制作する授業。今年は3つの企画を採用した。
1つは、馬術部の主将の最後の試合、2つめはK名物教授の山登り、3つめは学食に出店したケバブのトルコ人従業員。どれも面白そうなネタだ。
 授業にあたり、最近の私の仕事を紹介することから始めた。来週放送の美術番組「極上美の饗宴」の作業のこぼれ話から始めた。

一昨日行った音録りのこと。
吹き替え作業のとき愉快なことがあった。イタリア人学者の声を葺き替えてもらった声優さんがスタッフからサンデルと呼ばれていた。理由を聞くと、ハーバード白熱教室で話題を集めたあのサンデル教授の声を担当した人だった。あまりにあの役にはまったので、最近みんなからひやかされるのですよと照れている。
当のサンデル教授本人も、日本で制作された番組を見て、自分の声の吹き替え者がとてもはまっているので関心をもった。年齢はいくつぐらいか、どんな性格なのかと担当のディレクターに尋ねたそうだ。どうやらスマートに描かれ、ダンディな声で吹き替えられていることにご満悦だったようだ。
先月、最新版の白熱教室が総合テレビで放送された。中継スタイルで、大震災についての講義だった。
 その番組のなかで、前回放送された日本語版が紹介された。それを見たあと、教授は自分の声の吹き替えをやっている声優の卓越した技術を褒めた。それを、また吹き替えで声優は語るのだが、語りながら自分のことを自分で褒めるなんてと複雑な気持ちになったと苦笑していた。

 ところで、仕上がった番組は予想以上に面白いものになった。数日前までかなり“出来”を心配していたのだが、構成も大胆に変更し、表現も平易にして、分かりやすくなり、メッセージもはっきりしていい番組になった。午後8時過ぎ、作業が終わったとき思わず大きな吐息がもれた。安堵したのだ。

 5月30日放送 BSプレミアム 極上美の饗宴
「追跡!カラヴァッジョの幻の名画 深い闇と激しい光の謎」

カラヴァッジョは1600年ごろローマで活躍した人物。それまでの画とまったく違う光と影の強いコントラストにドラマチックな群像を描いて、当時の民衆の心を掴んだ。一方、激しい性格の彼は仕事を終えると紅灯の巷を徘徊し、喧嘩と漁色に明け暮れた。ついには決闘から人を殺し追われる身となる。ローマ教皇にも届く盛名と殺人者、カラヴァッジョという人は複雑。一筋縄ではいかない。

四百年間行方不明だった、カラヴァッジョの「キリストの捕縛」が1992年アイルランドで発見された。この作品は彼の全盛の頃に描かれたと伝説があったものの、その行方は知れなかった。存在そのものも疑われた。なぜ行方が消えたのか、どうやって再発見され、存在が確認されたのか、その謎を解いていくうちにカラヴァッジョの画の魅力が浮き彫りになってくる。ヒントは自画像。詳しくは番組をご覧いただきたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-05-26 22:31 | Comments(1)
Commented at 2011-06-03 01:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< はも(鱧) 償いきれないもの >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧