人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

光と闇の人生

光と闇の人生

再来週の放送のカラヴァッジョのコメントを直している。今度の火曜日がコメント入れなので、最終チェックだ。語りは今売り出し中の井上二郎アナ。大河ドラマの前説などで話題を集めた。彼のソフトで重厚な語りにふさわしいコメントに仕上げなくては。

取材班はこの4月にイタリアとアイルランドに出向いて、カラヴァッジョの幻の名画を追跡してきた。400年間所在が分からなかった画が、ある女子大生の手によって判明していくという物語。まるでドラマだ。実際、この話はあまりに面白いので、『消えたカラヴァッジョ』というノンフィクション本にもなっている。

カラヴァッジョが活躍したのは1600年前後。日本でいえば徳川家康が江戸に幕府を開いた頃だ。ミラノからふらっとローマへ出てきたカラヴァッジョ。まだ貧しい20代の若者だった。それでも才能があったのだろう。彼が描いた「女占い師」が高貴な人物の目にとまり、世に出て行く。しかし、変な題材を選んだものだ。この頃の作品には「いかさま師」というのもある。カラヴァッジョという野望と虚栄に満ちた男の「デビュー」にふさわしい作品ではないか。

 画家がその作品のなかに自画像を入れるというのは珍しいことではないが、カラヴァッジョほど確信犯的に描きこむ作家もいないだろう。けっして美男子でもないし高貴な顔でもない。むしろ悪相だ。太い眉、黒目の大きなイカガワしい眼差し、苦悩をかかえた額に垂れ下がる髪、無頼なヒゲ。いかにも悪い男だ。実際、彼は後年人を殺して追われる身となるのだ。

 ところが彼の描いた世界は栄光に満ちている。コントラストのきつい光と闇に浮かび上がる劇的な群像。汚れた裸足や深い皺などをリアルに描きながらも、見るものを縛り付けるほどの深い世界を、この無頼の男は作り出したのだ。調べれば調べるほど謎に満ちた画家、カラヴァッジョ。

 2010年は彼の没後400年だったから、いくつもの発見があった。もっとも有名だったのは彼の遺骨が見つかったことだ。彼の最後の地となった港町ポルト・エルコレ。そこの埋葬地の地下から発見された。その骨を鑑定した結果、いろいろな病気をもっていたことが判明するが、梅毒にかかっていたということは、彼の荒廃したくらしぶりが分かるというもの。

 今制作の番組はこの稀代の奔放な画家のある秘密を解いていく。その過程がめっぽう面白い。御期待を乞うといったところだ。
題して、「追跡!カラヴァッジョの名画 深い闇と激しい光の謎」


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-05-21 09:52 | Comments(0)
<< 明け方のなゐに驚く 眠れない朝 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧