人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

浮鴎

浮鴎

週末ということで、昨夜は明け方近くまで読書した。森澄雄『俳句燦々』、中野孝次『碧落に遊ぶ』、立川昭二『年をとって、初めてわかること』。これらの著者は、今の私と違わない年齢で書いている。その文章の毅然とした品格、優雅な表現に、我が身の甘さと幼さを知らせれて、ほとほと情けなくなる。昨日の記した、母と近江の文章なんて、六十男のセンチメンタルで情けない。思慮の浅いものだと嘆息をする。
といって撤回するつもりもないのは、これが私だからだ。

でも、これらの書で触れて知った言葉/知識を身につけたいものだ。せめて備忘として記しておこう。

夢しだれ。ルーシィ・リィの陶芸、チェコのシュピールベルクの全山監獄、岸本英夫「別れの思想」、森澄雄と島尾敏雄は長崎商業の同級、森と庄野潤三は九大の同級。忘れられた詩人竹内てるよ。
老眼を中国では花眼という。老後のことを昔は老入(おいれ)という。後世(ごせ)、影向(ようごう/浄土が顕現すること)

 晩年の斎藤茂吉は溲瓶を離さなかった。頻尿だったのだ。あの谷崎も前立腺肥大を病んでいた。上田三四治は43歳で結腸がんになり終生癌と闘った。61歳で前立腺の癌の手術を受け、65歳で逝った。どれもこれも、けっして今の私から遠くはない。

森澄雄は妻の死後、6度の癌手術、脳幹の病で車椅子ぐらしとなった。それでも、癌で死ねるということが分かって安心したという。
死ぬ病得て安心(あんじん)や草の花

その森が中年の頃、近江に通い続けたことがある。150回は通っただろうと述懐している。まだ湖西線もない時代で、舟を使ったりして海津や近江舞子にわたっている。ある年の暮れに近江を旅して、最後に敦賀の種の浜(いろのはま)で元日をむかえたという記録が出て来る。「おくのほそ道」で芭蕉がますほの貝を拾った地だ。私のふるさとが出てきてうれしい。そこで森は波間に漂うかもめ鳥を詠んだ。
白をもて一つ年とる浮鴎

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-05-15 12:04 | Comments(0)
<< 鍛錬会 かくも美しく懐かしい日々 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧