人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

託す言葉

託す言葉

昨夜の帰宅は午前2時。さすがに疲れた。

第2定年をむかえた私の区切りとして、昨夜の7時から会社の生え抜き社員たちに1時間話をした。題して「託す言葉」。この10年間、いっしょに仕事をしてきた若い仲間たちに番組をめぐるあれこれを話したのだ。項目は以下だ。
・これからの主題は大きく変化するだろう→魂のほうへ
・2項対立、2分法では編集できない状況がある
・学問上の成果が、今の番組には反映されていない。例:万葉集
・反復という問題系、問題設定。
例:核(兵器と原発)をめぐる言説、その変化。→大江健三郎番組の反復
〈番外〉として。
・手法の確認:仮説の検証→テレビドキュメンタリーの基本形。
・番組史のなかの3つの事件
・制作者の倫理の問題 

今、番組制作者としての私が気になっている点をおよそ20名のディレクター、プロデューサーたちに話をしたのだ。一番言いたかったのは第1項目で、これからテレビドキュメントが取り上げていかねばならない主題は魂ということ。むろん、哲学的、文学的な正確さは脇に置いての、業務上の話としての魂論議である。今回の大災害は大きな傷を日本人に残したと思う。いや、まだ傷は癒えて終わってはいない。今も「血」が流れているといえるかもしれない。その傷をどう受け止め、どう表現するかが、今後の大きな課題になるということを若い制作者たちに伝えたかった。託したいと言ったほうが正確かもしれない。

会は1時間ほど私が話しをして、その後質問や意見を聞く時間を30分ほどもった。
その後、打ち上げということで、近くの飲み屋に再集合して、祝杯を上げた。その2次会が終わったのが11時過ぎ。そのあとの3次会まで付き合った。
昔はまったく平気だったはずだが、午前1時を過ぎるとうつらうつらとなる。若手たちは依然口角泡を飛ばして議論している。若いということはすごいものだと感心する。

小雨交じりの東急本店前の交差点で、車を拾って帰った。疲れたが面白かった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-05-12 14:21 | Comments(0)
<< 明日、天気になーれ やさしい受難者 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧