人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

涙の谷

涙の谷

年齢のせいか、今の気分がそうなのか。「死」という命題が頭から離れない。
ニンゲンとは死に向かって生きていく存在であると、ハイデガーが言ったとか。普段は生きることしか頭にない現代人でも、ときどきは立ち止まって、自分が死にゆく存在だということに気づくはず。そんな折、一般の人はどうやってこの事実と向き合っているのだろう。

若いということは、明日しかみえない時間であり、年をとるということは過去を幾度も反芻する時間ばかりとなる。私だって30代40代には死なんてことは文学の中でのことでしかなく、遠い将来の出来事と考えてきた。

神谷美恵子を読んでいたら、彼女はこの世を「涙の谷」と叔父から教えられたとある。
苦しみの連続するこの人生は涙の谷であり、最高善として死もまたあるという考え方をちらっと告白しているのだ。一見、あの敬虔な彼女がキリスト者らしからぬ考えと見えるものの、よく考えてみると若くして最愛の人を失い、二度も結核を体験した美恵子であれば、あり得ることばでもある。「良家の子女」の戯言と看過できない。

神谷と並んで、このところずっと惹かれるのが中野孝次だ。彼も晩年の生き方というか、死んでいく生き方を繰り返し叙述している。今、手にしているのはズバリ『死を考える』(2002年、青春出版社)。ここで彼は病院で死ぬことの不条理を懇々と説いている。点滴のチューブに繋がれ酸素マスクで救命されたような状態で生かされる、現代の病院で不自由で非人間的な死。まっぴら御免だと77歳の中野が憤っている。私も、彼の説に賛同する。

このエッセー集のなかで中野は美しい表現を紡ぎだしている。「生の耐え難さ」。
どれほどこの世は涙の谷間となっているか。どれほど耐え難いものであるか。あの気丈で頑固親父の中野が、おずおずと口ごもりながら差し出した、人生の認識。「生の耐え難さ」。
 単に弱音を吐いた言葉とは思えないのは、その後に続く考えだ。
耐え難いからこそ、そこを逃れることもありうるのではないか。つまり、死を選びとることもあるのではと、中野は考えている。

現世の生は辛く耐え難いものであるとして、この苦難から逃れる人間に与えられた自由。夏目漱石の胸中にも長く巣食っていたというこの考え・・・。

中野は、ショーペンハウエルの思想を紹介して、この考えを紹介している。キリスト教にあっては自殺は忌避される。が、ショーペンは生をこれ以上続けるより、ここで生を断ってしまおうと決意するときがあるのではと説くのだ。キリスト教では悪だが、古代からこれこそ最上の自由だとする考えがあったとするショーペンを中野は少なからず肯定しているのだ。
《--自然が人間に与えてくれたあらゆる賜物のなかで、時宜を得た死ということにまさるなにものもないということ。》(ショーペンハウエル『自殺について』)77歳の人生の理路も骨頂もわきまえたと思われる中野孝次にして語る、この荒々しくも美しい言葉。
晩春の夕暮れ、鶯の哀しい鳴き声にふかぶかと身を寄せながら、この美しい言葉を味読した。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-05-01 16:03 | Comments(0)
<< 若い力に、 4月の俳句 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧