人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

不思議な温度差

不思議な温度差

これほど安堵するとは思わなかった。
東京にいれば2日に一度ぐらいで強い余震を感じて、テレビの緊急速報にびりびり反応していた。胃に鉛をくわえ込んだような不快が続いていた。だが、わずか500キロ離れた京都に移動しただけで夜はぐっすり眠ることができるし、人々の話題にも地震は上らない。
晩春の都大路はゆったりしたものだ。八重桜の最後の花が華やかに開き、白川や高瀬川の水はさらさら流れている。いつもなら春の観光客で賑わう河原町も人は少なく、外国人も普段の3割程度で、なんだか適正な人の群れになった気がする。夜とて、ネオンや電飾は関東ほど節電しておらずそれなりの賑やかさがある。

同じ国内でもこれほどの差があるのに、むしろアメリカやヨーロッパのほうが東日本の痛みや苦悩に敏感に反応しているように思えてならない。

 少しずつ心に余裕が出来て、昨日はとうとう美術展に足を運んだ。平安神宮そばの国立近代美術館で開かれていたクレー展「終わらないアトリエ」を1時間見てきた。

スイス生まれの画家パウル・クレー(Paul Klee, 1879-1940)。早くから日本でもおおぜいのファンを獲得していてこれまでも大きな展覧会がないことはなかったが、生憎私は見ていない。久しぶりの大きな展覧会だということで東京でも開かれたことは知っていたが行く機会がなかった。ちょうど京都で開催されていたので、昼からの授業までの1時間を振り向けてせわしく見て歩いた。

生涯一万点近い作品を作り続けたクレーのうち、170点が出品されているのだが、それでも十分堪能できるほど中身の濃い展覧会だった。この展覧会の特色は作品がどのようにして作られたかという技法を詳しく解説している。油絵転写などという技法は今回初めて知った。
有名な天使シリーズを探したが、残念ながらなかった。ヴァルター・ベンヤミンが愛したという「新しい天使(エンゲルス・ノーブス)」。故久保覚が引用した作品で、本物を見たかったのだが、今回のコレクションには一枚も天使はなかった。

本当なら3時間ほどかけてじっくり見るべきではあったが、昼からの授業の時間が迫り、おまけに冷たい雨まで降り始めたので慌てて銀閣寺行きのバスに乗って、銀閣寺道まで帰った。そこから今出川通りを歩いて百万遍まで雨のなかを小走りで抜けた。

途中、私の好きな古書店が店を開けていたので思わず立ち寄る。山田稔、武田百合子の珍しい書を見つけたが、いささか手元不如意で買い控えた。

昼からの授業では、クレー展の感動が覚めやらず10分ほどこの展覧会について学生たちにとくとくと語り、ぜひ見たほうがいいと宣伝をした。本日は企画論の授業だが、9本の企画案のなかから2本を選出し、2本を再度リサーチして提案するよう指示して終わった。今年の学生たちも目がきらきらしていていい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-04-23 07:02 | Comments(1)
Commented at 2011-04-24 06:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ウッチャンの魂祭り 春は闌ける >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧