人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

熱い思い

熱い思い

今朝の朝日新聞。大江健三郎・定義集の「人間らしさ万歳への共感」の記事を読み、大江さんの熱い思いを感じた。
エッセーは、3月11日の体験から始まっている。そこから、第五福竜丸の乗員で、ビキニで被爆した大石又七さんへ言及していく。大江さんと大石さんの対談を、実は3月の月末に予定して、私は準備をしていたのだ。対談場所、日時を設定し、3台のカメラ、音声、照明の手配も終わっていた。事前に、私は成城のお宅を訪ねて、大江さんと内容的な打ち合わせも終えていた。

 そして、3月11日。大江さんは、「大きい横揺れに宙吊りになった気分」を体験する。途轍もない大災害が勃発した。地震、津波という天災だけでとどまらず、さらに深刻な原発事故も発生したのだ。
 対談収録に参加する予定だったカメラマンたちスタッフは一斉に現地取材へ投入され、会場も不具合があって、対談は延期となった。
 だが、本日のエッセーでも大江さんはけっして対談を諦めていないことを明言している。
むろん私も諦めていない。いや、むしろ今こそ大江さんの、大石さんの声が聞きたいと思う。被爆国の日本が、その原点であるヒロシマ・ナガサキを戦後しっかり受け止めてきたのだろうか。ビキニで被災した福竜丸のことを日本人はしっかり思想化してきたであろうか。

この今朝のエッセーで、大江さんはフクシマと表記していることに注意したい。広島の出来事をヒロシマとして考えてきた大江さんが、福島をフクシマと考えることの意味。重大な問題意識を感じ取る。
 大江さんは、今回の事態をただならぬ静けさで受け止めている市民の奥深い感情に注意している。
《誰もが見ていたはずのテレビ広告、みんなで頑張ろう日本!の呼び掛けとは別の、もっと個人の深みに根ざしている、しかもこの国・この国びとの「喪」の感情、それに重なっている色濃い不安、そしてよく自制している静けさ。》
「自制している静けさ」という言葉が胸を射抜く。

今こそ、大江さんの言葉が聞きたい。そう願って、5月実現に向けて、私は準備に入った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-04-20 14:23 | 3・11 | Comments(0)
<< 都大路の晩春 送別 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧