定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
こずえさん サリドマイド..
by まつおか at 18:00
突然すみません 子ども..
by タイトルがわからない曲を探してます at 15:38
コメントありがとうござい..
by yamato-y at 17:26
こんにちは。 ご無沙汰..
by なを at 10:45
まさか、前野博さんと知り..
by 稲川ファン at 03:44
ご用件分かりました。オー..
by yamato-y at 18:25
東京柳原病院在籍時、「モ..
by 有田和生 at 20:19
コメント失礼いたします。..
by MG at 18:14
私も、もう一度このドラマ..
by kaze at 20:30
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 08:53

なゐ振る2

なゐ振る2


深夜2時37分、神奈川を震源とする地震があって目が覚めた。厚木などが震度3だという。これまでなかった神奈川という点が不気味だ。目が冴えたので、偶感でも書いてみようという気になりごそごそと起き出した。

枕元には、田辺聖子の新刊『古典まんだら下』がある。昨夜、寝しなに読んでいた。日本の古典文学を田辺流に詠み解いたエッセーだ。肩の力を抜いた言葉遣いで、それでいて深い知性を感じさせる文章。田辺聖子はすごい。

 この古典読み解きのなかに、「この世の地獄を見た」という章題で「方丈記」が取り上げられている。
鴨長明のこの文章は13世紀に書かれた。長明の生きた時代は政治的に激動であったが、天変地異もさんざん起きた。田辺は、保元や平治の動乱のことなど触れず、「世の不思議」だけを追う長明の姿勢を評価している。不思議とは、安元の大火、治承の辻風、元暦の大地震、などの天変地異である。

元暦の大地震の件(くだり)は、まさに先日体験した3・11の大ナマズと変わらない情景が目に浮かんで来る。
《おびただしく大地震振ること侍りき。そのさま常ならず。山は崩れて河を埋づみ、海は傾きて陸地をひたせり。土さけて水わきいで、巌われて谷にまろびいる。渚漕ぐ船はただよひ、道行く馬は足のたちどをまどはす。》
海は傾きて陸地をひたせり――まるで先日東北地方を襲った光景と変わらないではないか。長明の時代、この天変地異がひとつで止まらず、次々に起きたというのだ。

先日、句会で地震の古語が話題になった。ぢしんでなく「なゐ」と発音する。なゐは揺れるでなく振ると表現するということが話題になった。それを思い出して、俳句古語辞典を引くと、なゐの用例がいくつもある。阿波野青畝の句もやはり方丈記に言及していた。
夕顔や方丈記にも地震のこと
青畝が活躍したのは昭和初年だ。その頃もたびたび大地震が襲っていたのであろう。

しかし、今回の地震と方丈記のそれと大きく違うことがひとつある。それは原発事故という現代の「不思議」が重なったことだ。
これは天災でなく人災であるから不思議とは言わないというむきもあるだろう。だが、人類が制御することができないパンドラの箱を、何の根拠もなく開けてしまうのは、不思議としか言いようがないのではないか。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-04-19 11:28 | Comments(0)
<< 送別 科学の子、アトム >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧