人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

きっぽ

きっぽ

 新宿で、こうの史代さんと今度の大震災のことについて話し合った。
無残で荒廃した大瓦礫野に話が及んだ。あの瓦礫の原の隅々まで死者を調べ尽くすことは不可能で、いつかあの瓦礫の上に盛り土が載せられて姿を変えていくことになるのだろう。
自分はすべてを体験しているわけではないがと前置きしながら、こうのさんは、町が壊滅して再建していく東北の海沿いの町の姿は広島の町に似ているような気がすると語った。広島の町でも、私らが住んでいる町の下にはたくさんの遺体が眠っていてという言葉は長く言われてきた。比喩のように受け取ってきたが、今度の災害の爪あとを見ると、あの言葉はけっして比喩でなく実際のことだと痛感したと語る。広島のデルタの地下には今もあちこちに死者が眠っている。

 こうのさんは、町はきっと甦ることができると確信する。広島でも長崎でも、そして神戸で出来たのだから、東北の町々にも新しい灯がともる日が来るはずと信じていた。その際に大切なことは、被災した人たちの誇りを取り戻すこと。その誇りというのは自分たちの地域が他とは違うかけがえのない「文化」を持っていること。

文化とは高邁で難しいことを指すのではないと、こうのさんは言う。
「日常の言葉のなかに見つけることができるのです」悪戯っぽい表情になった。
「例えば、広島弁に“きっぽ”という言葉があります。昔の傷が跡に残っているのを指します。子供の頃の傷が、大人になっても残っているような傷痕です。共通語だったら、あざとしか言いませんが、そういうのとは違うものです。その表現を中国地方では独自で可能にしています。これは誇りです。」
こういう誇りをたくさん被災した人たちから見つけたい、見つけてほしいと、こうのさんは熱く語った。

 こういう例ならば、三陸の気仙沼周辺にはたくさんある。なにせ、ケセン語といわれるユニークな言語体系があるほどだ。医師の山浦さんという方が提唱してから有名になったが、元来気仙周辺で生活していた蝦夷の言葉の影響を受けて編まれた言語がある。独特の発音体系が標準語とは大きく異なっているのが特徴だ。その言葉を生み出してきた風土、気性を誇りに思うこと。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-04-15 11:14 | Comments(0)
<< 王様のスピーチ 変わる作品 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧