人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

変わる作品

変わる作品

 会社の玄関で、衛星映画劇場の渡辺支配人に会った。「お久しぶり。元気そうじゃないですか」とおだてられたので、お返しに「山田洋次監督の邦画100選の発想はいいですね」と褒め称えた。この4月からBSプレミアムの目玉番組となっている映画劇場の新趣向のこと。巨匠、山田監督が推薦する映画100本を2011年度のなかで紹介していこうというものだ。
 そのリストを見ると、名作といわれる「東京物語」「二十四の瞳」などは定番が入っているのはもちろんだが、「めし」とか「若者たち」「トウキョウソナタ」などはなかなかテレビ放映されない作品がいくつもある。山田監督の眼力と意外な好みを見た思いがする。

 快活に笑っていた渡辺支配人が、声を潜めた。「だけど一方で、監督は今悩んでいるようですよ。80歳となった今年、撮ろうとしていた『東京家族』がちょっと暗礁に乗り上げたんですよ」
 今回起きた東日本大震災の起きた意味を考えていかなければならない。それを作品に反映できないと、映画としては不十分ではないかと監督は自問したという。撮っている映画の作り変えを監督は悩んでいるそうだ。
詳細は知らないが、「東京家族」は小津監督「東京物語」のオマージュのような家族の物語を目指していたのだ。ところが、この天災と人災によって、日本の家族像が少し変わったと、監督は感じた。従前の台本のままでは、今という時代に向き合った作品には成りえない、書き直す必要があると、監督は危機感をもったのだ。

 そういえば、阪神淡路大震災が起きたときも、フーテンの寅さんは被災地神戸に乗り込んでボランティアに参加するという物語になっていたが、あれも予想外の展開として変更して作り変えたのではないだろうか。あのときも、すぐに時代状況を取り込んで、映画を監督は作っていたのだろう。実は、寅さんシリーズは人情ドラマだけでなく昭和を記録した優れたドキュメンタリーでもある。敬愛する先輩が、いつも寅さんの描く時代をチェックしておけと言っていたことを思い出す。

 ドキュメンタリーの骨法の一つに、変容ということがある。現実を撮影取材していると、当初予想していたことと違う事態が発生することが多々ある。そのとき、所期の構成にこだわって、最初のねらい目どおりに取材しようとすると、たいがい番組は沈没する。
発生してきた事態に取材を合わせていくことが、番組を生き生きとしたものにするのだ。
これは言うは易く、行う難しだ。簡単に路線は変更できない。経済的にも日程的にも。だが、そんなときでも、思い切って振り切ることがどれほど大切か。

 80歳という高齢にも関わらず、山田監督のこのナイーブで柔らかい精神に圧倒される、とともに軽く嫉妬する。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-04-14 11:46 | Comments(0)
<< きっぽ との曇り >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧