人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

青白き花陰に

青白き花陰に


今年の桜には関心がない。こんな時代に花を愛でようという気にもならない。
と考えて、昨日も図書館の帰りに目黒川ほとりの桜まつりの会場を通過したが、何の感慨も湧かなかった。桜の豊満さが何も美しいと感じられない。

むしろ、日が翳ったときにふと見上げた、白金、自然園の外郭の桜に胸をずんと突かれた。青白い桜だ。
蒼ざめた花びら、身を硬くしているような幹、痙攣するかの小枝。そこには、今年の悲劇で命を失った人たちの魂のようなアウラが浮遊していた。
 何が花だ。死んで花実が咲くものか。と悪口雑言を言い立てても、当の桜はしらっと蒼ざめた表情を見せるだけ。それが震えるほど美しいのはなぜだ。

 うらうらと照れる日曜の午後。大磯、福田恒存邸のそばを通った。垣根越しの桜がほぼ満開だった。
花はイノセントに美しい。邸には人気もなく、先に咲いた赤い椿も花を散らしていた。

 福田邸からツヴァイク道に入り、欅の大木の前を過ぎると、青葉が吹いていた。振り返ると、相模湾に江ノ島が春霞のなかにある。
 田辺聖子の最新のエッセーを読んで少し元気を出そう。滝井孝作の「松島幻想」も手元にあるが、あの壊滅の三陸風物を最後まで読み通すことが出来るだろうか。

わがふるさと敦賀も春が来ているはず。最近、何かと福島原発の「モデル」として登場する敦賀原子力発電所の映像を見ながら、喪失感を深めている。

夕暮れて、すみれ色に空が変わった頃、高田公園まで散歩。人気のない森をかそこそ歩いて、尾根伝いに公園に出ると、鶯が鳴いていた。夕暮れの相模灘は沖はかすんでいるが、穏やかな海だ。麓の東海道線を電車が明かりを灯して走っていく。
帰宅し、パソコンで動画を検索する。「北国の春」「時の流れのように」「冬隣」
千昌夫、テレサ・テン、ちあきなおみの歌声に耳を傾けた。統一地方選なんてことは聞きたくない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-04-10 13:56 | Comments(0)
<< メータ アウフヘーベン >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧