人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

たえてなく

たえてなく

明け方に見た夢は、我が家が海のそばに建っていた。娘が呼ぶから窓から裏を見ると、海の水が窓下まで来ていた。満潮らしい。そして、水中にはおびただしい魚があちこちから寄っていた。なかに古代魚の姿も見える。近在の漁師らしい若者が海に入って、魚の鼻面をこつこつ蹴っていた。豊かな海、という印象が残った。

 目が覚めて時計を見ると5時だった。枕元に置いてあった斎藤環の新著『「社会的うつ病」の治し方』を読む。現代文明の病理の原因に”操作主義”というものが根強くあるという論にひかれ30ページほど読み進めたが、またまどろんで夢を見た。

 敦賀の故郷の実家だった。母もおらず、裏の小川だけが雪解けの水を満々とたたえて流れていた。春先で、庭の木々も赤くなっている。おだやかな風が吹いている。帰りたい。

 車の音で目を覚ます。今見た夢と双葉町のお年寄りの姿が重なった。福島原発で追われた人たち。なかに家に舞い戻って隠れ住んでいる人がいるという。飼っている牛の世話であり、庭の手入れを理由に残っているというではないか。自分が生まれ育ったこの地を離れれば、いつ帰って来ることができるだろう。おそらく汚染区域として10年20年帰れないかもしれない。ならば、いっそこの地に止まって・・・。

 私とて、あの原発銀座のふるさとの町に帰れなくなればどうするだろう。

 寝床のなかで、唱歌「故郷の廃家」を口ずさんだ。幾とせふるさと来てみれば 咲く花鳴く鳥そよぐ風 窓辺の小川のせせらぎも 馴れにし昔と変わらねど 荒れたるわが家に 住む人たえてなく

 荒れたるわが家に 住む人たえてなく の箇所で思いが溢れてくる。遠い日の家族も離散し父母も他界し、残された故郷の廃家には住む人も絶えてしまっていない。そういう意味のはずだが、私は最後のフレーズを「住む人も絶えて、泣く」と聞こえてならない。 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-03-31 08:50 | Comments(0)
<< すみれ かえるくん、地球を救う >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧