人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

かえるくん、地球を救う

かえるくん、地球を救う

 本日のアサイチで放射線の質問に答えてというテーマを取り扱っていた。不安が広がっているからだろう。
3・11で福島第1原発の4基がダメージを受けたと聞いたときから、いくつかの影響が想定された。5キロ避難が指示されたとき、そういう範囲ではすまないだろうと推定されたが、その後10キロ、20キロ、30キロと徐々に広がった。この小出しの警告が不安を与えたのであろう。当然、大気への拡散はもっと広いだろうし、薄まっていくだろうしと予想された。
ここへきて、たまり水の放射線の高濃度が懸念を呼んでいるが、これとて冷却のために外部からの大量放水をすれば、想像のつくことだ。今、ようやくトレンチの水を心配するステージまで来たのだ。問題は、これを外部に洩らさずに回収できるか、だ。現場では必死の解決策を探っているはずだ。リスクをどこまで分散させるか。

 どうも海外で報じられる日本被災情報は生々しく強烈のようだ。現場の惨状をむき出しで報道しているから、各国から見れば終末論的状況に見えるのだろう。故国へ帰っていく在日外国人が増えたのもそういう影響だ。だが、今日本で起きている危機ははたして日本独自かというと、そうとはいえない。原発をかかえている西欧はどこでも、(人為ミスによって)発生する危険性はある。成長著しい中国などは、増大するエネルギーをかなり原発でしのいでいるのではないか。そこで事故などは起きていないと断言できるか。不確定なことが多すぎる今、ここにある危機は地球規模だということを知るべき。どこへも逃げられない。

 村上春樹の「かえるくん、東京を救う」は3・11以後の今読むと、とても寓話として読めない。そこに書かれたことは実に生々しい。
阪神淡路大震災の2ヶ月後に新宿直下の地震が発生するという託宣をもったかえるくん。彼が風采のあがらない信用金庫の職員片桐くんの前に現れ、その地震を阻止するために、元凶のみみずくんと闘う物語。決死の覚悟のかえるくんは、びびる片桐くんに素晴らしい言葉を贈る。それを、自戒をこめて書き残しておく。

●ニーチェが言っているように、最高の善なる悟性とは、恐怖をもたぬことです。
●ジョセフ・コンラッドが書いているように、真の恐怖とは人間が自らの想像力に対して抱く恐怖です。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-03-30 09:39 | Comments(0)
<< たえてなく 狂気の道を生き延びる >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧