人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

最新の時代区分

最新の時代区分

こんなことでは駄目だ。しっかり気を強くもってと言い聞かせるのだが、その聞かせたはずの自己の内奥からどぼどぼと暗いものが吹き出て来る。
福島原発の危殆に瀕した状況を見ていると、暗澹たる思いになる。

 戦後の社会を3つの時代に区分したのは、1990年の見田宗介だった。敗戦から60年代までを「理想の時代」。60年から70年代半ばまでを「夢の時代」。1975年から90年までを「虚構の時代」とした。
 1期はくらしを建てるために理想をもとめて走った時代、2期は高度成長の夢に生きた時代だった。そして3期の終わりごろにバブルが弾けるのだが、この頃から人々は演技するようになってきたと見て、虚構の時代と見田は把握したのだ。

 其の5年後の1995年に、見田の弟子にあたる大澤真幸が90年以降を「不可能性の時代」と規定する。冷戦が終わりグローバル化が進み、不況が覆って閉塞感が続く時代だ。こうして、戦後65年は4つの位相を見せながら変遷してきた。

そして、2011年。天災を契機として大変動が起きる(と予想される)。5つめの時代区分が始まるのだ。これまでの戦後の歩んで来た経済成長一辺倒の行き方を大きく揺さぶられる。無限と見られた物質は限りあるものであることを身をもって知ることになり、大地を乗せた地球もまた不変なものでなく限りあるものだと見切った認識が前提となる時代が来るのだ。見田や大澤のひそみにならって、これからの時代を何と呼べばいいか・・・。
想像はつくが想像したくない。

しかし、自分の青春を送った時代は夢の時代であったと聞かされると相当の違和感をもつ。あんなに血みどろに生きたのに、豊かで華やかな夢を食い続けたと言われると。何か違うよなあと不平のひとつも言いたい。

仮にそうであったとしても、理想も夢も終わった。ステージはライトダウンして暗転か、終幕か。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-03-28 08:58 | Comments(1)
Commented by 黄八丈 at 2011-03-28 12:20 x
同感・・・
<< 狂気の道を生き延びる ドキュメンタリスト >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧