人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ドキュメンタリスト

ドキュメンタリストの死

70年代初頭から「苦海浄土」(70年)、「記者ありき 六皷・菊竹淳」(77年)などの骨太な作品でテレビドキュメンタリーの世界を切り開いてきたRKB毎日放送の元ディレクター木村栄文さんが亡くなった。76歳。
一つ上の世代のドキュメンタリストで、私らは強い影響を受けた。
1994年、広島にいるころに私は木村さんから手紙をいただいたことがある。おりしも、「もう一度投げたかった~炎のストッパー津田恒美の直球人生」と「響きあう父と子~大江健三郎と息子光の30年」という番組を立て続けに作ったばかりのときだった。

博多の知人から、この番組を制作した人はどんな人って、木村さんが聞いているよと知らされた。とくに「響きあう父と子」を高く評価していただいたと聞いて嬉しくなり、礼状を書いたところ返事をくれた。

木村さんはこんなことを書いてくれて私を感激させた。「あの2つの番組のような傾向の番組を作れるプロデューサー、ディレクターは最近、極端に減ったと思います。個人の思い入れを、稚ないものと見做すオトナが増えたのでしょう。つまらんことです」

この手紙に先立って、氏は毎日新聞の地方版で、この作品のことをこう書いてくれていたそうだ。
《NHK広島制作のNHKスペシャル「響きあう父と子」は感動的だった。大江氏の言葉は視聴者の心に染み、光さんの無垢な気持ちと才能がよく伝わった。なにより取材者のやさしさ、物静かさが印象に残った。障害児をかかえた親御さんの多くが、この番組に共感され、やはり障害児(といっても29歳の娘だが)を抱える我が家にも何本かの電話をもらった。光さんという障害者にとって、大江家の環境は恵まれている。この恵まれていることは、実はドキュメンタリーの制作にとって厄介なのである。他愛ない話だが、障害児を抱えた家庭は中流以下の庶民的なであるほうが視聴者の共感を呼びやすい。・・・》

実は、木村さんにも障害をもった優ちゃんというひとり娘がいて、名作「あいらぶ優ちゃん」という作品を制作しておられるのだ。番組の骨法をよく見抜いておられることに感心した。

晩年、氏はパーキンソン病と闘う日々だった。それでも再度ドキュメンタリーを創りたいと闘病していたと聞くと、今の自分の甘さを叱咤されているような気がした。

美しい早春の空がある。鳥のさえずりが楽しい。人の心に望みの灯をともすような番組を作りたい。
 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-03-27 13:59 | Comments(0)
<< 最新の時代区分 うらうらと早春の日に >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧