人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

上井草駅前で取材して

[原爆の図」を追って

午後3時、上井草駅前のコーヒーショップで、早大の小沢先生に取材した。早大では、今度の災害で入学式などを取りやめ、新学期は1ヶ月以上遅れて始まることになったそうだ。

先生は『「原爆の図」描かれた記憶、語られた絵画』(岩波書店)の著者である。2002年に書かれた著だが、丸木位里、俊夫妻が描いた「原爆の図」の詳細があますところなく記されていて、目からウロコの箇所をいくつも発見した。

この絵は30年以上にわたって描かれた15の連作だ。最初の作品「幽霊」が発表されたのは1950年の2月である。まだ占領軍によって原爆のことは厳しく検閲されていた時期だ。アンデバンダンの出品作とはいえ、当然、当局から睨まれたことは想像される。にもかかわらず、二人はこの作品を描かずにいられなかった。

位里は広島出身で、家族が広島で被災したと聞いてすぐに広島へ向かった。わずか4日後ごろに入市している。俊も遅れて半月後に入っている。だから、直接、原爆を体験したわけではないが、かなり近いところにいた。実際、俊は3年後に原因不明の下痢が止まらなくなっている。おそらく入市被爆の影響と思われる(二人とも被爆手帳は取得)。彼らは、被爆した位里の父母や妹から、原爆直後の惨状を聞かされた。爆心地から彼らが住んでいた三滝町まで、ぞろぞろと幽霊のようにしてやってきた人の群れを、強烈に記憶していた。このときの、手をぶらりと下げた姿は、後に「幽霊」に描きこまれる。この表象は原爆を語られるときの重要な表象のひとつになっていく。「ハダシのゲン」などが発表されるのは、これからずっと後のことだ。

そういう原爆被災と近接する場にあって描かれた「原爆の図」だが、絵が発表されたときからずっと批判されてきた。ひとつは、直接原爆を体験していないということ。2番目の理由は、(初期の3部作については)放射線の恐怖が描かれていないこと。などである。
同じようなことは、井伏鱒二が『黒い雨』を著したときも、当事者でないから原爆が分かっていないという批判が起きた。原民喜のように、実際に被爆した人物でないと芸術的価値がないということか。狭小な論理。

こういう批判や、「原爆の図」のもつ今日性について、小沢先生におよそ2時間話しを伺った。寒い日だったが、先生の熱のこもった「講義」に、私も時間が経つのを忘れた。

 最後に、今回の津波被害の話に及んだとき、福島原発の事故は、「原爆の図」の意味をさらに深めることになったのかもしれませんねと、ひっそり語る小沢先生に私も共感した。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-03-22 18:33 | Comments(1)
Commented at 2011-03-23 11:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 娯楽か 番組の変化 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧