人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

番組の変化

番組の変化

目黒のコーヒーショップで、隣に座った若い男たちの会話につい耳をそばだてた。
「今度のことで、やっぱりテレビは強いと感じたなあ。うちらのITは役に立たない情報の量ばかり多いしさ」
「NHKの報道の仕方は適切だよな、過剰じゃないもの」

どうやら権の助坂にあるIT関係の人たちらしい。近年、衰退したテレビと評判が悪かったから、こういう話を聞き込むと嬉しい。
たしかに、総理の記者会見などでの突っ込みの弱さとか、行政機関への配慮とかが目につく局面もないことはないが、福島原発事故の情報の発信の仕方など、テレビが果たしている役割に、見るべきものがある。
この10日間、事態は刻一刻と変化した。その間はほとんどテレビ報道で、新聞、週刊誌は役にたたない。週刊誌などは1週間遅れて、現地の記事を伝えているが、記者の主観の混じったものが多い(しかもほとんど行政批判に終始)と感じた。

テレビの一連の災害報道の下地に16年前の阪神淡路大震災の経験があることを感じる。特にくらしの情報、安否情報などで際立って発揮されている。寒さ対策、トイレの作り方、病者への対応、避難所での役割など、肌理の細かい情報。
阪神のときと今回のとの違いは、原発事故という広範囲報道だ。被災情報と並んで、原発事故報道は、かなり大きな関心を集めている。

番組編成からいわゆる芸能番組が消えた。むろん、この措置は
暫定的なもので、今週半ばあたりから復活してくるのだろうが、これまでのような垂れ流しのお笑いは徐々に減っていくのではないだろうか。言葉だけの遊び感覚のお笑い(自虐であったり、嘲笑したり)には少し違和感を感じ始めているのではないか。やさしい、癒されるような音楽を聞きたいと思うのは、私だけだろうか。

民放ではCMの自粛をしているようで、広告機構の倫理的なCMばかりとなっていて、これはこれでやり過ぎとは思うが、一般番組も少し傾向が変化するのではないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-03-22 09:16 | Comments(1)
Commented by 廣田 at 2011-03-22 16:34 x
山登さん、お久しぶりです。ご無事でしたでしょうか?アメリカではfacebookやtwitterなどの"ソーシャルメディア"の隆盛の中で、パブリックビューイングならぬ、「ソーシャルビューイング」の動きが盛んになってきつつあるようです。つまり、twitterなどをやりながら、テレビを友人と見るという視聴の体験が増えてきているとのことです。今度の地震ではそういった視聴の在り方が日本でも顕在化しているように思います。
<< 上井草駅前で取材して 原発と原爆 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧