人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

まだら模様の意識のなかで

まだら模様の意識のなかで

昨夜の注水活動を終えた東京消防隊のメンバーの記者会見を聞いていてその英雄的行為に感動した。
放射線の危険性が分かっているだけに、隊員たちは緊張して事にあたったと隊長は語っていた。残してきた家族からは、日本を救う為にがんばってきてとメールが寄越され、隊員らは危険区域に赴いた。このことを報告したあと、隊長は絶句した。
この感動的な話を聞いたあと、私はDVDで映画「ザ・ファーム」を視聴した。そして、佐野洋子の遺稿集を読んだ。映画はジョン・グリシャムの名作でよく出来ていたし、佐野さんの本は痛快で面白かった。
片一方で、決死の作業をやっているのに、こんなことをやっていていいのだろうかと自問しつつ、そういう気分転換をやらないと精神がテンパって仕舞うと自分に言い訳している。

敗戦直後の太宰治の「津軽通信」を読む。戦争に負けたのに、青森に疎開した太宰はぐだぐだ酒を飲んで、オダを挙げている。
次に永井隆の「この子を残して」を読む。20年8月9日に、妻を原爆で失い、当人も職業的放射線障害に侵されながら、二人のこどもと生きて行くサマを描いたエッセーだ。母を失った娘かやのが、父の寝床にもぐりこんで、「お父さんの匂い・・・」と呟く場面がある。それを目にして永井は「この子を残して・・・」と思いにふける。今、避難して懐に子供をかかえている、福島双葉町の親たちはみなこんな思いであろう。

みちのくはこれからどんな地域になるのだろう。福島原発があった地帯は人家がなくなり草原となるのだろうか。
なぜか、もののけ姫の風景が浮かんで来る。

10日経ったというのに余震がやまない。今日も東京で震度3。福島で震度5弱の地震があった。世界は、日本の災害とリビアの争乱の2つに目を注いでいる。少なくとも、欧州はこの災害とは遠い所にあると思っているようだ。果たして、これは日本という地震大国に固有のことのなのか。だって、13万年ぶりに起きた出来事という物差しで考えたら、古生代地層と安閑としているヨーロッパは安全か。というか、この青い星のどこかに安全といえる区域があるのだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-03-20 15:30 | Comments(0)
<< 原発と原爆 蒼穹の彼方へ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧