人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

日月星辰

日月星辰

2007年に死去した日本画家、高山辰雄のアートドキュメンタリーの企画を立てている。
実は、この取材を御徒町で行っているときに、あの「大なまず」に遭遇したのだ。3月10日の午後3時過ぎ、丸栄堂という大きな画商さんの事務所でのことだ。
高山辰雄の画業の数々を聞き終わった直後だった。

高山は95歳で天寿を全うしている。昭和6年に、東京美術学校日本画科に入学した。在学中から松岡映丘の画塾に入り、師事した。美校の卒業制作『砂丘』は、砂の上に座るセーラー服姿の若い女性を俯瞰的に描いた洋画風の作品。青春を感じさせる溌剌とした作品だが、後の高山の作風とはまるで異なる。
学校を出ても、高山はなかなか芽が出なかった。
戦争が終わって、ゴーギャンの伝記を読んで感動、かつ長流という独特の筆に出会うことが彼の才能を開花させていく。昭和21年、第2回日展に裸婦を描いた『浴室』を出品し、特選となる。独自の幻想的な画風が成熟していく。
 彼は、いわゆる花鳥風月の絵は描かず、存在の意味を問うような「穹」のような主題を好んで描くようになる。「日月星辰」という星や太陽の時間という壮大な宇宙観を可視化させていく。昭和57年、70歳の時に文化勲章を受けることになる。
2007年の9月に、画家は死ぬが、その1年前に、病で不自由な体を押して描いた作品がある。日展に出品された「自寫像2006」だ。長い画家人生のなかで、唯一つの自画像である。
不思議な自画像だ。茫洋と霞んだ風景のなかに、杖をついた画家らしき老人が立っている。顔は例によって鼻梁らしき縦線があるだけで表情は分からない。天空に小さな弱々しい太陽があるのみ。

一見、悲観的な画像に見える。
だが、身近に居た人は、これは画家が希望を持とうとした絵だと断言した。
なぜなら、人物の足元は明るく、がっしりとした脚と足が描かれていたからだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
日月星辰_c0048132_1721489.jpg

by yamato-y | 2011-03-17 16:57 | Comments(0)
<< 蒼穹の彼方へ 平敷さんからのメール >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧