人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

過ぎ去らざる過去

過ぎ去らざる過去

 幾度も使いながら、腑に落ちていなかった言葉。過ぎ去らざる過去。
90年代頃から、戦争の記憶をめぐって議論が起きたときに常用された言葉だ。主にアウシュビッツの体験や従軍慰安婦問題などの議論で飛び交っていた。なかなか過ぎ去ってくれない過去、分かったようで分からない気分があった。

 昨夜、シドニー・ルメット監督、ロッド・スタイガー主演の映画「質屋」を見た。
ソル・ナザーマンはニューヨークの貧民街で質屋を営んでいる。かつてポーランドで大学教授だったが一家は大戦中ナチの強制収容所に入れられ、言語に絶する苦しみの中で妻子は殺された。現在は普通に暮らしているのだが、時折、あの忌まわしい体験が甦る。映像のなかに、ちらっと過去の映像が痙攣のようにして飛び出て来る。映画を見始めたときからそのインサートされる映像の意味が分からずイライラするが、次第にナザーマンの脳裏で発生していることだと分かってくると、彼の心情に移入していく。
 機械的に質屋の営業を行うだけで、誰とも付き合わない。心を閉ざしたナザーマン。

ある日、ひとりの女性客が彼に関心をもって語りかけてくる。彼女自身、孤独の傷をかかえたケースワーカーで、自分の体験を通して彼の苦悩を理解しようとするが、ナザーマンはそれを拒否する。そのときに彼が発する言葉。
「何度、(過去を)葬り去ろうと思ったことか。それでも、過ぎ去ってくれないのだ」
正確な字幕は覚えていないが、こんな意味の言葉だった。
 このシーンを見ていて、初めて過ぎ去らざる過去という苦悩が分かった。今更と言われそうだが、実感したのだ。嫌な過去だから人は忘れようとする。忘却という機能に期待し時間という薬に希望を託す。にもかかわらず過ぎ去ってくれない過去。


ロバート・リフトンの被爆者を調査した記録『死のうちの生命』を思い出した。リフトンは歴史的なジェノサイドに遭遇した人たちを60年代から調査している。アウシュビッツであり広島である。その広島の調査の結果をまとめたものが『死のうちの生命』。
この人と大江さんが対話する番組を制作したことがある。そのときリフトンは歴史的なジェノサイドに遭遇した人たちにサイキックナミング(心的麻痺)が起きたと語った。心がかじかんでしまったという。心を閉ざしたナザーマンがその例だ。
広島や長崎の被爆者もナザーマンと同じ苦しみを生きているということを、改めて思った。

被爆から65年経ち、生き延びた被爆者もほとんどが80歳を越える。出会えば、穏やかなおじいさんであったりおばあさんであったりする。サイキックナミングからも脱したかのようにみえる。あの悪夢は遠い日のことになったのだろう、そうあって欲しいと、他者は希望的な推測をする。
だが、けっしてそういうものではないだろう。人知れず眠れない夜に、過ぎ去らざる過去が襲っているのかもしれない。他者である我々は想像力を最大にして、感じとらねばならない。

2日経った3月10日、「原爆の図」(小沢節子)を読んでいて、あることに気がついた。人が記憶を召還するのでなく、記憶が人に襲ってくるのだ。到来してくるのだ。その瞬間こそ「根源的な暴力性」が奮われるのだということを。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-03-08 09:12 | Comments(0)
<< 浅野川のほとり 春の雪 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧