人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

映画の日々

映画の日々

金曜日の夜に、この週末はぜったい映画だけを見てやろうと決心した。仕事用の資料読みとか読書を外して、映像特に劇映画の映像に専念したいと思って、DVDを5本準備した。そして、3日間ぶっ続けで見た。見た順番にタイトルを列挙する。

「トウキョウソナタ」黒澤清監督作品で、わりと近年のものだ。曲者の黒澤が作るのだから一筋縄ではいかぬと思って見始めたが、意外に分かりやすいので気がぬけた。題名通り、冬ソナを意識しているのは言うまでもないが、たいして大きな意味を与えていない。冬ソナをパロっているなと気づいたのが、映画後半で出て来る海辺のシーンだ。別離を決意したチュンサンがユジンを連れて夜の海辺に行く。車が汀の近くまで進入するのは、見たときどきっとしたが、この場面を黒澤は巧妙にとりこんでいた。そこでは、強盗役に役所広司が登場するから、実は相当気合が入っていたのかもしれない。たしかに、此の映画のひとつの落としどころになってはいるが、だが取ってつけたような「社会批判」だった。立教派といわれるこの監督の作品はこれまで一度も感動したことがないが、今回もそうだった。唯一驚いたのは、小泉今日子の演技。まなざしが凄い。

 2本目は「LAコンフィデンシャル」。前に一度見たのだが、しっかり読み込んでいなかったので、今回は気を入れてみた。面白かった。ケビン・スペーシーはなんてうまいのだ。今の日本映画界にはいない。昔なら加東大介だろう。キム・ベイシンガーの美しさは最高。
 アメリカンミステリーのよく出来た作品というのは、後味がいい。すっかり、クライムストーリーにはまったので、次もまた選んだ。

 「新・動く標的」。ポール・ニューマン主演の80年代の映画。正編の「動く標的」はおもしろくなかった。だから続編には関心をもたなかったが、ある映画批評で、激賞していたので、あえて見ることにした。その評価は間違っておらず、これも面白かった。意外な拾い物だった。
 陰謀の裏に石油利権がからむというパターンは、「ペリカン文書」などで使われて好きな仕掛けだが、その源流はこのあたりから始まったのかな。南部の退廃した空気感がいい。

 4本目は邦画「麻雀放浪記」。真田広之主演、和田誠監督の作品。玄人に受けがいいと聞いていたので、見た。画像はモノクロでなかなか重厚だと思うが、脚本がよくない。なんだか、間がまったくとれていないのだ。前半の芝居が特にそうだった。名古屋章、加賀丈史とうまい俳優と言われている人たちがそれほどでもない。加賀まりこもそうだ。なんか余りにキャラクター通りに演じているのだ。高品格という役者だけ惹かれた。脚本に澤井信一郎が和田誠と名前を連ねている。娯楽映画で評価の高い人物だが、これってどうなのだろう。阿佐田哲也の原作の面白さがあまり生きていないと思ったが。

 そして、日曜の夜に3時間の映画を見た。ウィリアム・ワイラー監督「我らの生涯の最良の年」。1946年、戦争が終わった翌年の映画だ。帰還兵3人の身の上を描いた作品。アカデミー賞を受賞しているだけあって、最後まで見せた。
 傷痍した帰還兵が市民からお前たちが闘っていた相手が違っていたとなじられる場面。ナチや軍国主義より共産主義を倒すべきだという風潮が描かれている。戦争が終わって1年しか経たない段階で、もう逆コースが始まっていたのだということを知った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-03-07 00:10 | Comments(0)
<< 春の雪 可愛いものだ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧