人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

朝焼けのなかで

朝焼けのなかで

5時、暗闇のなかで目を覚ました。まだ早いから寝床でじっとしていた。起きてガサガサ動けば家人にも迷惑だから。
5時半を周り、次第に明るくなってきた。体を起こしてベランダの窓越しに外を見ると、美しい朝焼けが広がっていた。
40年前の冬の朝を思い出した。

大阪の梅田で勤務していた時期。週末は敦賀の実家に帰り、月曜日の朝一番の電車でオフィスに出社していた。9時半操業開始だから、朝5時20分の電車に乗れば間に合った。夏は苦にならなかったが、冬は厄介だった。なかなか起きられなかった。ぬくい寝床からなかなか抜出せなかった。いつもぐずぐずして5時まで寝ていた。遅刻してもいいじゃないかという誘惑の声がどこかから聞こえてもいた。

 5時を回ると、母親が起こしに来た。「みそ汁の熱いのを飲んで、早く行きなさい」
目をこすり、冷たい水で顔を洗うと、正気になった。炊きたてのごはんを頰ばって、みそ汁をかきこんだ。冬はわかめか大根だった。
5時15分に家を出ても20分の電車に間に合った。
「行ってきます」と声をかけて家を出ると、あかつきが広がっていた。
電車に乗ると暖房が効いていてうとうとした。北陸線は山中を走り、余呉湖あたりまで来ると朝焼けが空一面に広がった。
子供のために早くから起きて、朝食を作ってくれている母を思った。父が駅まで車で送ってくれることもあった。朝焼けの金色の光は高い空まで広がっていた。
今考えてみると、すっかり私は親の庇護のもとにあったのだ。先日読んだレベッカ・ブラウンの小説の一節を思い出す。
「子供はいつまでも、親の子供でありつづけた・・・」


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-03-03 08:42 | Comments(0)
<< 可愛いものだ 冬の終わり >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧