人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ローザ 

ローザ 

1985年に制作された独映画「ローザ・ルクセンブルク」を見た。監督は女性のマルガレーテ・フォン・ロッタ。素晴らしい才能だ。ジャーマンシネマの旗手のひとりとかつて評価されたのだが、近年、その名前を見かけないのはなぜだろう。そろそろ新しい作品を見たいものだが。

主人公のローザとは、ポーランド生まれの革命家でドイツ社会民主党から独立社会民主党を経て、ドイツ共産党(スパルタクスブント)を結成した伝説的な女性。

第一次世界大戦末期ドイツ帝国は革命によって崩壊。ドイツ共和国(ワイマール共和国)が誕生する。ローザたちは更なる革命を進めるべく蜂起するが、やがて殲滅される。敵対するファシストによって虐殺され、運河へ投げ込まれてしまう。この数奇な運命を力強く生きた女性を描いたのが、本映画だ。

1907年、ロシア革命が起きた。そこに居合わせたローザは祖国ポーランドにまでその火を広げようと活動し逮捕され、ワルシャワ監獄に投獄される。(彼女は短い生涯のなかで9回も投獄されることになる)
その頃、ドイツ社会民主党は新しい時代のなかで躍進途上にあった。ドイツに帰国したローザは、議会民主主義路線をとる党のあり方を批判し、ゼネストの戦術を主張する。革命を徹底させようとするのだ。
第1次大戦で敗北したドイツは、莫大な賠償をかかえ逼迫しており、国民のなかでその不満は新しく台頭してきたファシストの勢力に吸収されていく。新しい戦争の危機が迫っていた。それに対して、ローザは反戦をつよく主張する。一時、袂を分かった急進派のカール・リープクネヒトと再び手を結ぶ。だが、二人は反対勢力の憎悪をさらに掻き立ててもいく。二人への追求が厳しくなった。そして――
1919年1月15日、逃走をはかったローザとリープクネヒトは、彼らを憎む軍人たちにつかまり、射殺される。映画では、この場面がリアルに描かれている。
拉致された車のなかで、ローザは小銃で射殺される寸前、一言発する。「撃たないで」

このセリフの翻訳が気になった。原文はそうなっているのだろうか。撃たないでというと、まるでローザが下手人たちに哀願するような屈伏したようなニュアンスがある。果たしてそうだろうか。ローザは信念の人であり、この拉致されたときにはもはや覚悟していたのではないか。死を恐れずに自分の存在を誇示したはずだ。だから、軍人がピストルを向けたときには怯むこともなく、彼女は毅然と対手を制したと、私は想像する。「撃つな」と。下手人たちを憐れみ見下ろすような精神で言ったにちがいない。

血だらけのローザと敵からでっち上げられた彼女は、実際には子供好きの愛情深い女性だったとして、この映画では描かれている。そのことに私は好感をもった。が、それだけにあのセリフの訳だけが気にいらない。

先日、永田洋子が死んだ。鬼畜のような女と喧伝されたが、果たしてどうなのだろう。
まぼろしはすみれいろかや反逆者(テロリスト)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-02-20 20:50 | Comments(2)
Commented at 2011-02-21 00:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 人生\(^o^)/テケトー at 2011-02-21 23:25 x
はじめまして
ネットでは人生\(^o^)/テケトーとか、しろと名乗っておりますw
松竹先生に山登様を紹介されました白石と申します

日南町立美術館の浅田さんからメールが来て、「19日に松竹先生にお会いするので、こちらに来ませんか」とあったので、都内から高速バスで関西まで向かいました
朝から、夜に至るまで松竹先生からいろいろとお話を伺う事が出来ました

小早川秋声の番組を製作されるとの事、わたしもバカ論文を書いた人間として楽しみにしております

それでは、、、
<< 風荒き町を過ぎて 普通に生きて、死んでゆく >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧