人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

素敵な漫画家

素敵な漫画家

昨日は休暇をとって京都の大学に来た。科学研究「戦争の記憶」の2月の研究会に出席するためだ。今回は、ゲストを迎えてのインタビューである。漫画家のこうの史代さんだ。2004年、『夕凪の町・桜の国』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞と手塚治虫文化賞新生賞のダブル受賞をはたした人物。メディア論的戦争の記憶研究する私たちにとってきわめて重要な人だ。今回、東京からお呼びしてメンバー12人で、こうのさんを囲んで、話をあれこれ2時間にわたって聞いた。

午後3時、京大正門、時計台の前でこうのさんと合流。この大学は初めてということでキャンパスを少しだけ案内する。高校生の頃、吉川幸次郎が好きで、この大学へ行こうと考えたこともあったそうだ。だが、女の子は地元の公立しかやらないという親の方針で、こうのさんは広島大学の理学部に進学する。なぜ、理学部の地学?という疑問に答えるかのように、キャンパスグッズの売店でこうのさんが求めたのは、元素の周期律表だった。「これが一枚あると便利ですからね。一家に一枚、周期律表」とにこやかなこうのさん。寒い京都を警戒して、長いコートをまとい帽子にマフラーで完全武装。帽子の下のまなざしが優しい。

4時から、特別研究室の狭い部屋に13人がぎゅうづめになりながら、こうのさんの言葉に熱心に耳を傾けた。前半のこうのさんの半生については、私がインタビュイーで、後半の代表作『夕凪の町・桜の国』や『この世界の片隅で』のマンガについては、京都精華大の吉村和真先生が中心になって、こうのさんから創作の「秘密」や戦争の記憶に向き合う「姿勢」などについて聴くことになった。明晰で明快なこうのさんの話は面白く、2時間があっという間に過ぎた。


6時15分、研究会を終了。場所を百万遍の「門」という小料理屋へ移す。全員で大学を出て、小雨のなかわいわい言いながら移動。そこで、こうのさんを囲んでの懇親会となった。関西の有名な大学の教授や准教授たちは、口角泡を飛ばして、戦争の記憶論を弁ずる。こうのさんはにこにこ笑って、それに応ずる。ここでも楽しい2時間は、あっと言うまに過ぎた。
会のお開きの前に、「こうのさんのサインタイム」と私が声をかけると、『夕凪の町・桜の国』の単行本をもってメンバーが並ぶ。サインだけでいいですよと、私は言ったが、こうのさんは一々可愛い小鳥を描いてサインしていた。むろん、私もいただいた。

その後、宿泊先のブライトンホテルまで送り、そこのバーでまたこうのさんと話し込んだ。
聴けば聴くほど、『夕凪の町・桜の国』の作品の深さに驚く。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-02-18 10:00 | Comments(0)
<< 普通に生きて、死んでゆく 追憶はどこまで >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧