人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

追憶はどこまで

追憶はどこまで

 春の雪の乗せられて、13話「追憶」まで見すすんだ。日中はかなり多忙で、昨日も南青山まで打ち合わせに出たり、東急本店前で待ち合わせてランチミーティングをもったりしているのに、夜は7時半にはそそくさと帰宅している。10時過ぎから「冬のソナタ」を2本だけ見ることにしていて、昨夜もそうした。(歯止めをかけておかないと明け方まで見ることになる)
 「追憶」では、ミニョンの秘密がいよいよ明らかになってくる。チュンサンが交通事故に遭って、1ヶ月意識を失っているうちに、記憶を新しいもので書き換えられたことが、担当の精神医の告白で明らかになってくる。一方、ミニョンは新しく上塗りされた記憶の隙間から古いものが少しずつ零れても来るのだ。それが、少年時代に住んでいた春川の家までたどりつくことになる。

彼ミニョンはチュンサンの学籍簿を調べに春川高校にまで行くことから、その春川の実家を突き止める。そこへ母カン・ミヒが現れて、ミニョンの疑惑はさらに高まっていく。このあたりはベタなミステリーなのだが、背景にかつての純愛が布置されているのでクサく見えて来ない。そこがユンマジックなのだ。

この入り組んだ記憶の迷路は、次第にチュンサンやユジンの親たちの問題にまで広がって行く。このチュンサンの記憶の入れ替えを遂行する元になったのが、母や父たちの世代の出来事。
最初にこのドラマを見たときは、意識をチュンサン世代に合わせていたが、今回はいつのまにかカン・ミヒ世代にチューニングしてしまった。

 海の向こうから新しい動きがあることが伝わって来た。どうやら監督が久しぶりにドラマを撮ることになったようだ。動き出しは夏あたりだろうか。期待が高まる。

 だが、こんなことをしていいのだろうかという迷いも出てくる。週末にかけて、やらなくてはならないことが目白押しなのに。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-02-16 08:20 | Comments(0)
<< 素敵な漫画家 私の心を 持って行ったから >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧