人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

私の心を 持って行ったから

 私の心を 持って行ったから 

 とうとう冬ソナを全部見なくてはいけない羽目に陥った。この連休の最初に、いくつかDVDを準備しておいたのだが、雪が都心を直撃した日から無性に此のドラマを見たくなり、ちょっと触りだけと思って、本棚の隅に隠しておいた冬ソナDVDセットを引っぱり出したことが、すべての始まりであった。おそらく、水曜日頃までかけて最後の第20話まで見ることになるだろう。

 今日現在、第10話「決断」まで来た。ユジンは本意でもないのに、心を病んだサンヒョクの傍らにいることになってしまう、あの話だ。この回の最後が、冬ソナアンケートでも、好きなセリフ第2位のあれが出て来る。そこを、つい楽しみにして深夜遅くまで画面の前に居座った。
 ソウルのサンヒョクの元に帰る前に、スキー場の雪の公園で、ユジンはミニョンに告げるあの場面だ。
 「私、ミニョンさんにはごめんなさいなんて言いません。だってミニョンさんは私の一番大事なものを…私の心を 持って行ったから。
だからミニョンさんには謝りません。(長い間)愛しています」

「謝りません」から「愛しています」までのサイレンス(間)がすごい。およそ7秒はあるだろうか。まったくのノンモン(音なしという意味)だが、目はすごい芝居をしている。ユジンの熱い気持ちが伝わって来る。

 と、夢中になって見ているのは、我が社から発売しているDVDセットだ。最初、VHSのビデオセットを購入したのだが、嵩張るということで、敦賀で一人暮らしをしていた母に譲り、私はDVDセットにしたのだ。
最初は、見るのを渋っていた母も、一度見ると、みるみるはまった。一昨年に他界するまで、母の趣味は短歌と韓流になった。今振り返ると、冬ソナのビデオセットをプレゼントしたことは、少し親孝行をしたことになったかなと思ってもいる。

 このドラマを通して、それまで行き来のなかった近所の女性と、母は友だちになった。Yさんは60代後半の一人暮らし。回覧板を持ってきたときに、母は冬ソナを見ていて、そこから交流が生まれた。
 年金暮らしのYさんはビデオもDVDも持っておらず、ときどき放送される冬ソナを楽しみに見るという人だったから、母のビデオを羨ましがった。だったら時々貸してあげたらと言ったら、母はきっとした顔でこう言った。
「他のことならともかく、冬のソナタだけは絶対に貸さないことにしているの。私のタカラだから。Yさんには、うちに来てもらって一緒に見ようって言っているの」と答えた。あまりに子供っぽいので、私は苦笑するしかなかった。

 母が亡くなったとき、私はYさんのお宅を訪ねて、冬ソナのビデオを差し上げた。「母はいつもYさんと冬ソナについて話をするのを、ことのほか楽しみにしていましたから、母の形見としてもらっていただけますか」と。
Yさんは恐縮しながら、「きっと大事にして、お母さんのことを思い出しながら、これからも冬ソナを見ていきますから」と答えてくれた。

つい、この間に、冬ソナ特番の仕事をしたと思ったら、もう5年以上経過しているのだ。
母も死んだ。パク・ヨンハさんも死んだ。ユンさんは結婚した。人の世の移り変わりは激しい。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-02-14 00:37 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< 追憶はどこまで 影の国 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧