人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

影の国

影の国

 [いつまで、死んだ人のことを思っているのですか。
こんなに世界は明るく輝いているのに。]

 上のセリフは、言わずと知れた冬ソナの一節だ。ミニョンが、初恋の男を忘れないでいるユジンに向かって発した言葉。
2005年の冬ソナ特番のときに、どれほど繰り返し聞いたであろう。あの当時も、良いセリフだと分かってはいたが、これほど人の心に染みる、月並みな言い方をすれば「珠玉の言葉」だったと思いはしなかった。この言葉だけ抜き出しても、その珠玉ぶりはなかなか分かってもらえない。何と言っても、ドラマは文脈だから。ある流れのなかで、その言葉の重みをもつのだ。その流れというものが、冬ソナは実によく出来ている。
 今こそ、この言葉を私の古くからの知人に伝えてあげたいと思う。

 私の知人は、数年前に連れ合いを亡くした。子供のいない夫婦であったから、夫が末期のガンと知ったときから、妻である知人はその運命を呪い悲しんで来た。夫が死ぬ前から、その離別を悲しみ、死後もずっと悲しんで来た。あなたが逝くとき私も連れて行ってほしいと哀願したこともあった。それを聞いた連れ合いは激怒したと、淋しそうに残されたその人は電話で私に告白した。その知人は、一時は行方が不明になったこともある。後追いを計ったのではと私は狼狽えて四方を探した。なんとか所在を探り当てではみたが、その人はすっかり人格が変貌していた。直に会うことを避け、住所も教えず、一方的に向こうからケータイに架かって来るという関係が、ここ数年続いている。それでも、連絡をくれるぐらい恢復したと、少しだけ安堵しているが。

2月に一度ぐらい、電話が入る。
どうだろう、もうそろそろ会いませんかと私が呼びかけても、まだそんな心境になれないという。もし昔の仲間と顔を会わせたら、今の私はひとでなしになってしまう。見れば、なぜこの人たちが生きているのに自分の連れ合いだけがそんなに早くに召されたのかと、天を恨みたくなりますから。と、その知人は電話の向こうで泣く。この人はいまだに影の国に住んでいる。

この出来事を体験してから改めて冬ソナを見るとドラマの見方が少し変わった。死んでしまったチュンサンのことを思い続けるユジンの心の傷が前にも増して共感するようになった。チュンサンを思い起こして、すぐに涙ぐむ場面が陳腐でなくなった。いや、よりリアルに思えてきた。
「忘れたいと思っているのに、此の目がチュンサンの姿を覚えている。この心がチュンサンの言ったことを覚えている」というユジンの言葉が私の胸をうつのだ。

 連休の初めから見始めた冬ソナは、今第9話「揺れる心」まで来ている。スキー場でアクシデントがあって、ユジンがサンヒョクに婚約解消を申し出る回だ。ユンピョンスキー場の美しい風景が、物語をさらに神話化させている。

今回の視聴で、これまでと違う見方になったのは、サンヒョクの表情や動きへの注目だ。彼を演じたパク・ヨンハさんが一昨年だったか自死したということを念頭において見るせいか、これまで見たサンヒョクとは違う、影の薄い若者に見えてならない。彼もまた影の国の住人であったのだろうか。

このスキー場の映像を見ながら、ユンピョンまでロケに行ったことを思い出した。5年前の2月末。ちょうど冬が終わろうとする季節だった。春川には雪はなかったが、ユンピョンにはまだたっぷりあった。だがシーズンも終わりということで、スキー客は疎らだった。夜になると、寒さは厳しく、とても山の上まで上がることは可能ではなかった。が、スキー場の協力を得て、降雪機による雪降らしの場面は撮影した。その光景を見守りながら、雪のなかで震えていたことを思い出した。

ところが、このスキー場でのシーンは、ある事情が起きてすべてお蔵入りとなる。私には苦い思い出だ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-02-13 14:45 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< 私の心を 持って行ったから 冬ソナは冬見なくては >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧