人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

雪間草

雪間草

病と闘っていたヤスベエが7日の朝死んだ。私より1つ下の62歳だった。
明るく穏やかな人柄は誰からも好かれた。にこにこ笑って、アンパンか菓子パンをしょっちゅう食べていたから、ころころと太っていた。ファーストネームがやすこだったから、みんなヤスベエと呼んだ。「女だてらに」スポーツ新聞を朝一番に読むのが日課だった。購読紙はスポーツ報知。ジャイアンツが好きで、YGマークの入ったチョコレート色のバッグを提げていた。スカートはめったにはかない。たまに穿いていると、小学校の主任教師のような地味な黒のタイトスカートだった。ゲラ子で、いつも笑いを堪えながら打ち合わせをしていた。姉御肌で面倒見がよかったから、若い人には慕われた。「サザエさん」の花沢さんを見ると、ヤスベエのことを思い出す。生涯独身だった。

 彼女が入社した1971年頃、女性のディレクターは学校放送部には数人しかいない。新人の女性は彼女ひとりだった。理科番組を担当することになった。テキパキしていたから、すぐ仕事を覚えた。低学年の理科番組のエースとなった。その後、幼児番組や趣味の番組を担当して58歳の定年まで勤め上げた。ディレクターとして目覚ましい活躍をしたのは、高齢者向けワイドショーの開発だった。うるさそうな学者や古典芸能のボスたちにえらく可愛がられた。

 盛岡の出身だったから土地勘があったのだろうか、老後はみちのくに住むといって仙台へ引き上げて行った。実にさばさばと人生を決めて、傍目からも羨ましいほど快活な生き方を選んでいた。
仙台では、ともだち同士が集まった集合住宅に住んでいたと聞く。互いにプライバシーを尊重しながら、付かず離れずの関係で共生していたようだ。普段なら、異変があれば気づくであろうが、年末年始はみな出払っていた。暮れに彼女は発作で倒れた。発見されたのは年が明けてから。わずかの間意識がもどったが、再び昏睡に陥り、一昨日亡くなった。

訃報が入ったとき正直驚いた。一番長生きすると思われた人物のあまりに早い死であったから。こんなことなら、去年、仕事の帰りにでも仙台へ寄って、日本酒でも酌み交わしていたのに。
明るい楽しい酒で、私はいっしょに飲むのが好きだった。

午前4時。目が冴えて眠れない。のそのそ起き出して、ヤスベエの思い出を記している。
お互いロケで全国を飛び回っていてめったに顔を会わすこともなくなっていた頃だ。久しぶりに局の廊下で会うと、楽しげに寄って来て、「あのさ、こないださ、・・・」と言って、人の噂をしたものだ。二人で、威張り虫や口うるさい嫌なやつの棚卸しするのが楽しみだった。

あなにくやみちのく遠し雪間草
昨夜がお通夜となった。




来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-02-10 09:07 | Comments(0)
<< 冬ソナは冬見なくては 雪の朝から >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧