人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

早稲田古本通り

早稲田古本通り

朝一番の会議が長引き12時半までかかった。午後1時45分までに早稲田正門の前まで行くのが危ぶまれた。待ち合わせをしていたSさんとIさんに少し遅れるかもしれないと電話を入れて、慌てて社を飛び出した。タクシーを拾って渋谷駅前まで行き、山手線で高田馬場まで。地下鉄東西線に乗り換えて早稲田で降り、待ち合わせ場所に向かった。なんと到着した時刻は予定通りの1時45分だった。

文学部の教員ロビーで、美術評論家のK先生と会う。およそ2時間にわたって戦争画をめぐる戦後の言説についてレクチャーを受けた。私たちが持ち出したテーマについても、K先生は強い関心を示されたので、おおいに自信をもつことが出来た。そのことが最大の収穫だった。画を調べるのに有効な科学的手法はX線と赤外線の透視だということを知った。赤外線は下絵の鉛筆の線をたどるのに具合がいい。K先生に礼を言って、キャンパスを出たのが4時過ぎ、穴八幡前のそば屋で遅い昼飯を食べながら、取材したことをSさんとIさんと検討した。リサーチしているネタはなかなかいいことは分かったが、越さねばならない課題がかなりあることを確認。

 私は二人と別れて、早稲田前から高田馬場に向かって歩く。明治通り沿いに並ぶ古書店をひやかすことにした。20軒ほど歩いて4冊購入。シメて1400円、安い。ツヴァイクの『最初の体験』200円。幸田文の『黒い裾』300円。河合隼雄『明恵、夢を生きる』(京都松柏社版)600円。こうの史代『街角花だより』300円。神田に比べて2割ほど安い気がする。特に店頭の安売り本は悪くない。夢中になって歩き回っていて、気がつくと6時を回っていた。

 馬場までバスで出て新宿へ。中央東口で田沼武能さんとYさんと待ち合わせる。30年以上の仲の二人と、遅い新年会を兼ねた田沼さんの近況を伺う会である。
今年82歳になる田沼さんは言うまでもなく日本写真界のドン、日本写真家協会会長を10年以上勤めている。昭和24年からプロとして活躍してきた。だが、そんなことを少しも感じさせない。10分ほど遅れてきた先生は15キロはあると思われる重そうなカメラバッグを担いでいた。2台カメラが入っているという。少し風邪気味だったが、顔色は悪くなく、とても80代には見えない。春には、黒柳徹子女史とともにハイチの子供たちを撮影に行く予定だと語っている。恐るべき82歳。新宿ステーションビル7階のてんぷら屋で食べながらあれこれ聞いた。

2月から、田沼さんの個展が全国3カ所で開かれる。「アトリエのアーチスト」というテーマで、これまで30年にわたって撮影してきた画家たちの肖像写真の展覧である。案内のハガキをいただいた。そこには現代美術の高名なアーチストの名前が並ぶ。平山郁夫、飯田善国、佐藤忠良、上村淳之、絹谷幸二、有元容子ら錚々たる73人の名前があった。2月17日がオープニングで、銀座のキャノンギャラリーから始まる。歓談は9時まで続いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-01-27 08:49 | 賢者の面影 | Comments(0)
<< 瀑雪の思い出 男の感情 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧