人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

男の感情

男の感情

先日、東大の死生学の研究室を取材した。
講師のYさんからあれこれ話を聞いたが、男の感情を外に出せないことの問題というのが心に残った。
パートナーなり親なりを失くすこと、喪失。それを嘆き悲しむこと、悲嘆。
この悲嘆が男性の場合なかなかうまく出来ない。悲しいという感情を外に出すことなく、抱え込んでやがて厄介な状態を引き起こす。ということが少なくないというのだ。
今朝のアサイチでも、夫と妻の対話というテーマのなかで夫の感情を抑制することの問題点が指摘されていた。抱え込んだものは、DVなどで爆発暴走することが多いというのだ。
おそらく、今の20代ぐらいの若い男性は人前で泣いたり笑ったりすることに抵抗はないだろうが、40代ほどになると、会社人間として社会性を武装させられた男らはなかなかできない。おまけに、幼い頃、男のくせにという言葉で呪縛されてきたから、ますます感情はうちに押し込められてしまう。

私がこのブログを始めたのも、定年という通過儀礼を受け止めることができずにおろおろしていたとき、その「悲しみ」をアウトプットしたいと思ってのことだ。私は60代のわりに感情をよく表すほうだが、それでも仕事が減っていくということに愚痴をこぼすのは情けない、男らしくないという規範に縛られていた。悲しくても悲しいとは言えず、年をとったら若い人に道を譲らないとね、なんて物分りのいい人を演じていた。でも本心はそうでないから時々暴走した。大きな声を上げることもあった。だから、すべてというわけにはいかないが、少しずつ不平不満、未練、愚痴をこぼすことにした。話すのは出来ないが書くことなら出来るだろうと思った。

愚痴をこぼすなら、何もブログなどに向かわず、個人的な関係で友人に語ればいいではないかと思われるだろう。だが、近しい人ほど語りにくい。それと、悲しみの承認はある広がりがないと効果がないのではと思う。その場合の広がりは、いわゆる世間であって、不特定の他者であったほうがいいのだ。と、私は個人的体験から考える。
その結果、私のまったく知らない人から、共感のコメントをもらったりすると、救われた気分になった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-01-24 12:53 | Comments(0)
<< 早稲田古本通り 新年句会 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧