人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

帝国の残影

帝国の残影

知人の母堂が急死された。帰宅したら風呂場で亡くなっていたというではないか。悼ましい。私も一昨年に母を失い、その時は気がつかなかったが、心の深い部分で傷をうけたということがあったから、その知人にも「くれぐれもお大事に」と言ってあげたい。それにしても、冬場は老人、病人にとっては鬼門というか泣き所というか、有り難くない季節だ。今年は、とりわけ寒さが厳しいから、冬を越すのは容易でないだろう。

装丁がスマートだったので手にとった本、『帝国の残影〜兵士小津安二郎の昭和史』。明け方から読み始めて、2章の102ページまで来た。明晰な論理で分かりやすく面白い。

前から、上海事変に従軍した小津の動向が気になっていた。実際の戦闘に遭遇した経験をもちながら、戦後の彼の作品には生々しい戦争体験が出てこないことに違和を感じていた。成瀬巳喜男などは、「浮雲」などでその傷をしっかり見つめているのに対して、小津は「東京物語」でも戦死した息子の嫁の話というぐらいにしか、戦争の影はささない。むろん、シャイで生の感情を表すことを「はしたない」と考えているだろう小津だから、そうやすやすと実行しないだろうが、それにしても、戦争に対する言及が少ないことには、なにか収まりの悪さを感じていた。その疑問に答えてくれそうなのが本書だ。

著者の與那覇潤という人は1979年生まれとある。私の子供の世代だ。だが、よく小津を研究している。かつ、アジア/太平洋戦争の史実にも精通している。これまで語られてきた小津とは違う人物像をよく切り出していると感心した。まだ、3分の一だから全体の評価は後に譲ることにする。

小津の対比する人物として内田吐夢が登場する。彼はスランプになり、活路を求めて、終戦間近い昭和20年5月に満州へ行く。その間の事情が本書で語られているのだが、そこで同じ監督仲間の田坂具隆の言葉が気になっている。
「戦場へ行ってみないときは割に平気で[戦争映画を]作れたが、一度行って百日も見て来ると、難しくて撮るのは怖い」

今、従軍画家の運命をドキュメントしようと考えている私には、びんびん響いてくる言葉なのだ。残り3分の2を本日中に読み上げようと考えている。この本もNTT出版だ。最近、気になる書はほとんどこの社から出ている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-01-20 10:11 | Comments(0)
<< 新年句会 久しぶりの藤沢周平 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧