人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

雪という華やぐものの

表と裏
雪という華やぐものの_c0048132_17255926.jpg


日本晴れとなった。朝の光がまぶしい。
昨夜、新幹線の中からのぞいた、伊吹山付近の雪景色とまるで対照的な日和だ。
米原から伊吹山、関が原にかけて、一面雪となり、町はひっそりと静まりかえっていた。久しぶりに雪の暮らしを思い出した。幼い頃は、1月2月は雪のなかにあった。障子やガラス戸から入ってくる隙間風、天井から釣り下がった寒もち、練炭の燃えカスを雪路に捨てること、長靴に雪が入ってびちゃびちゃに足が濡れること、氷柱をたたき落とすこと、雪かきで汗まみれになること。

この5年ほど暖冬が続いたから、母が一人で暮らしていても屋根に積もった雪のことなど心配しなくてもすんだ。が、今年は違う。厳しい寒波のせいで、北陸では50センチ60センチの雪がつもっているとテレビは報じている。ふと、雪に埋もれている実家の風景が浮かんだ。

昨日の新幹線は80分遅れた。湖北あたりから徐行運転となり、伊吹付近では一時停止した。あの山の向こうはすべて雪の世界、と思うと、無性に故郷に帰りたいと電車のなかで思った。
浜松まで徐行運転は続いた。

つくづく、表日本、裏日本という言葉の持つ響きを思う。差別的なニュアンスがあるから、今では日本海側、太平洋側というようになったが、どうだろう。厳冬の頃は、まさに表と裏のほうが状況をよく言い表していると思うのだが。このような配慮はむしろ底意地の悪さを感じるぐらいだから、あからさまに表、裏と称したらいいのではないか。

表の代表は、冬の東京だろう。
20年ほど前のことだ。共同制作をしたイギリス人が東京の冬の青空を見て、感に堪えないような言葉を吐いた。「これほど美しい冬があるだろうか。世界でもっとも美しい冬を持っている都市、それは東京だ。どうして日本人はそれを誇らないのか」
ヨーロッパの、特に北欧では冬はどんよりとして重苦しい空しかない。それに比べれば、関東平野の東京の冬は奇跡に近いほど美しいものだ。冬雲たちこめる北陸から来た私とて、その意見には同意する。

翻って、冬の北陸、裏日本はまことに鬱々とした貧乏くさい風景しかない。そのことを恥じ入るような気持ちがこれまでなかったとはいえない。だが、老年に達するにつれ、むしろその重苦しさ、貧乏くささが懐かしく思われるようになっている。

ところで、雪が降るから寒いわけではない。寒さだけなら、高山や雫石あたりのほうが滅法寒い。雪が降ってあたたかくなったということもあった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
雪という華やぐものの_c0048132_17254478.jpg

by yamato-y | 2011-01-17 15:36 | Comments(0)
<< 63歳 雪の詩仙堂 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧