人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

こんなことで死ねるか(同年3人)

こんなことで死ねるか(同年3人)

昨夜。討ち入りの酒を飲んでほろ酔いで山手線に乗ると、目の前にKさんがいた。制作会社の社長で私と同年の人だ。さっそく新年の挨拶を交わし、久闊を叙した。偶然で思いがけない出会いだ。
昨今、不況の風は厳しいが、いよいよテレビ業界にも吹いてきた。まったくどこもかしこも不景気な話ばかり。Kさんの経営する会社もリストラを始めている。3Dの技術を生かした生き残りを模索している最中だと、近況を教えてくれた。話は横沢しょうさんの盛大な葬儀になった。73歳の死は今時早いと言いながら、それでも長生きがいいとはいえないから良かったですねと、髭に白いものが混じるKさんに私は同意をもとめると、Kさんは言下に否定した。「いやあ、早すぎますよ。あと10年は生き残ってほしかったですね」という私には意外な返事。

60の坂を越えたあたりから、私などは死ぬことは遠くないものと考えてきたが、同年のKさんはそうでもないらしい。「73どころか60代でお仕舞いも悪くないと思うけど」と私がつぶやくと、温厚なKさんは「こんなことではまだ死ねない。何かを達成したという実感がないですから」といささか色をなして反論するではないか。
そこで意地悪く聞いた。「何をやりたいというわけ。これからどうしたいというのか」
映画、テレビの撮影を中心に35年余り活動してきたKさんに、これ以上何を望むか尋ねたのだ。「まだまだ、です。まだ作ったという実感をもつ作品と出会っていませんから」
普段穏やかなKさんとは思えない強い自己主張に少し驚いた。

昨夜の討ち入りの酒というのは、5月放送予定の「杉本博司」の番組のことだ。世界的なアーチスト杉本博司さんのドキュメンタリー企画がほぼオーソライズされたということで、スタッフ一同で始動祝いの酒を飲んだのだ。杉本さんも私と同年の63歳。ニューヨークを本拠地にして世界をまたに架ける美術家だ。今週、横浜の芸術文化センターの杮落としでお会いしたが、Kさんと同じような白髪5分刈りの温厚な人物だった。下世話に言えば、ウン千万円という高額の作品を製作し、世界の美術愛好家からリスペクトされている人とは思えないぐらい謙虚な方であった。

その杉本さんが今度文楽に挑戦する。近松の名作「曽根崎心中」のオリジナル版に挑むのだ。演ずるのは人間国宝吉田蓑助師匠、桐竹勘十郎師匠、そして三味線があの人間国宝鶴澤清治さん。この話を聞いたときから、これを記録せねばどうすると自分に言い聞かせてきた。むろん文楽には素人の杉本さんだが、これまで能をいくつも演出しているうえ、古美術、古典芸能にめっぽう強いと来るから、その演出に期待は大いに高まっている。3月下旬に本番舞台をむかえることになる。
 同年の杉本さんはまだいろいろなことに挑戦しようとしている。けっして自分の製作活動が完成されたとは思っていない。これまでもシオラマシリーズ、海景シリーズ、といくつも新しい境地を切り開いてきて、まだこれからも幾十年も活動していこうと考えている(らしい)。私が新幹線移動するのと同じ感覚で、ジェット機で欧米を駆け巡り、次々に新しい挑戦を果たしている。

 同じ63歳。それぞれの生き方。寒風の目黒通りを歩きながら、自分の行く末を思った。一番、私が後ろ向きな生き方をしていると。昔なら反省しきりのところだが、そうはならない。意地の悪い、内面の声が囁く。(だから、どうしたんだ)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-01-16 21:29 | Comments(1)
Commented at 2011-01-17 00:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 雪の詩仙堂 唯に血を盛る瓶ならば >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧